ロジックが、世代を超える。

中谷彰宏『チャンスをつかむプレゼン塾』セレクション

UPDATE 2020.07.20
公開日 2016.09.28

 目に見えるもので、「どっちがいいですか」と言うのは簡単です。
 企画やアイデアは、目に見えないものだから、難しいのです。
 目に見えない新しいものを提案する時に、「これは当たりますよ」「ウケますよ」「盛り上がりますよ」と説得するのは、きわめて感覚的なことです。
 見えない感覚を、感覚で説明しても伝わりません。
 感覚的なものであるほど、ロジック(論理)で伝える必要があります。
 世界の共通の言葉は、英語ではありません。
 ロジックです。
 ロジックは、英語だろうが、フランス語だろうが、スペイン語だろうが、中国語だろうが共通です。
 どんなに英語ができても、ロジックがなければ、通じないのです。

 日本語でも、ロジックの話し方と感覚の話し方があります。
 日本は、比較的感覚でも通じるローカルルールがあります。
「私が言わんとしていることはわかりますよね」「結婚してから、いちいち奥さんに『愛しているよ』と言わなくてもわかるだろう」「部下には背中で教えるんだ」と言うのは、感覚の話し方です。
 大切なのは、言葉よりロジックです。
 ロジックは、国境を超えるだけでなく、世代を超えます。
 世代が違う相手にプレゼンで通すには、感覚では難しいです。
 ロジックなら、世代を超えることができます。

 チャンスを逃がす人は、自分がロジックの破綻した話し方をしていることに気づきません。
 本人の頭の中に、ロジックがないからです。
 ロジックのない人は、人の話もロジックで聞きません。
 それでは、ロジックが破綻している話もなんとなく聞いてしまい、「今の部分、ちょっとわからなくなった」と言えないのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

チャンスをつかむプレゼン塾
心を動かす伝え方63

プレゼンは、チャンスをつかむきっかけ。自分のアイデアをどう提案して、夢を実現していけばいいのか?を紹介する。
定価:本体1300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい