炒めものはフライパンひとつでできる最強時短おかず! 

 おかず作りに困ったら、とりあえず何か炒めものを作る。そんな人も多いのでは。炒めものはフライパンひとつで作れるうえに、肉や魚介と野菜を使うことがほとんどなので、栄養バランスがとりやすく、ボリュームも満点。味付けの自由度が高く、特別難しいワザも必要ありません。炒め時間は、どんなに長くてもせいぜい7、8分。そう、炒めものは最強の時短おかず! と言っても過言ではないのです。

マンネリになりがちな味付け&食材のバリエを豊富に紹介!

 本書では、いつもおなじみの食材、どこの家庭でもある調味料で作れる炒めものを紹介します。

①塩・しょうゆ・みそ 基本調味料+α。同じ配合でバリエ無限大の炒めもの
 塩こしょう味、レモン塩味、しょうがじょうゆ味、酢みそ味、カレーみそ味など、基本調味料+αを配合として紹介。同じ配合で材料を変えることによって、どんどんバリエーションが増えていきます。

②人気の4大炒めと応用レシピ
 肉野菜炒め、ゴーヤチャンプルー、麻婆豆腐、青椒肉絲の調味料の配合と、その配合で材料を変えた炒めものを紹介。

③キッチンにある調味料で炒めものバリエーション
 マヨネーズ、ケチャップ、ソースなど、台所にある市販調味料を使った炒めもの。

④味出し食材でちょっと炒め
 明太子やじゃこ、さけフレークなど、具にも味出しにもなる食材で、ささっと作れるおつまみ、副菜炒め。

 ぜ~んぶ炒めものばかりで、なんとその数108レシピ。毎日炒めたって、3か月は困りません! きょうも明日も炒めもの、始めましょう。

同じ調味料の配合でも、食材が変われば味わいも異なります。

【しょうゆ大さじ2:みりん大さじ1:砂糖大さじ1/2】で作れる3品。

▲「鶏肉とねぎの照り焼き風」

▲「すき焼き風炒め」

▲「チーズタッカルビ風」

 

【市販調味料を使ったお手軽炒め】

▲マヨネーズとトマトケチャップで「鶏肉としめじのオーロラソテー」

▲ウスターソースで「ソースレバにら」

【著者プロフィール】

きじま りゅうた
 祖母(村上昭子さん)、母(杵島直美さん)ともに料理研究家という家庭に生まれる。日本中の誰でも再現できる料理を提案するために、「調味料は誰でも知っている一番メジャーなもの」を使い、「食材は地元のスーパーや八百屋さん、肉屋さんなどで売っているもの」で作る(これは祖母からの教え)。本書の炒めものも、そこに徹底的にこだわった。著書に『きじまりゅうたの食材2つでうまいっ!146品』(学研プラス)、『まいにち絶品!「サバ缶」おつまみ』(青春出版社)など多数。

商品の紹介

 


■書名:『きょうも明日も炒めもの』
■著者:きじまりゅうた
■発行:学研プラス
■発売日:2019年2月1日
■定価:本体1,300円+税

本書を購入する

あわせて読みたい