2回同じことを言わないことで、 決断力がつく。

中谷彰宏『決断できる人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.07.17
公開日 2015.07.23

 決断力がない人は、同じことを2回言います。
 これは、居酒屋での酔っぱらい現象です。

 サラリーマンにとって、最大の決断は会社を辞めることです。
 決断力のない人は、「辞める」→「辞めるよ」→「辞めるとも」→「辞めれればな」と、言うことがだんだん変わってきます。
 本当に辞める人は、1回しか言いません。
「辞める」と言った瞬間に、辞表を書きます。
 辞める辞めると言い続けている人ほど、辞めないのです。
「辞めたい」も、1回聞けばわかります。
「彼と別れる」も、1回ならいいのです。
 2回以上言うと、「別れたい」→「別れる」→「もう別れることにした」→「最後にもう1回会ってから」という展開になっていきます。
 同じ話を2回言わないことで、決断力がついてくるのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

決断できる人は、うまくいく。
チャンスをつかむ「決める」習慣68

決断できる人は、仕事も、恋愛も、人間関係もうまくいく。決断力をつけることで、チャンスをつかむ69の方法。
定価:本体1,300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい