怒りは損だということを、知る。

中谷彰宏『怒らない人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.07.20
公開日 2014.09.11

 怒りをぶつけることで得になる可能性が10に1つでもあるならば、まだ怒るという選択肢はあります。
 怒ることで、1点得点をしても1点失うのです。
 結局、マイナス98点になるのです。
 得失点差で考えられなくなって、損をするのが、怒っている状態です。
 怒ることは相手に対しての最終兵器だというのは、思い込みです。
 怒ることは「これで終わり」、自爆ということです。
 ところが、怒る人は「怒ることで一気に何か解決するんじゃないだろうか」と思って、怒るというボタンを押してしまうのです。

「もう怒らない」と決めて、そのかわりにどうするかを考えればいいのです。
「もう怒らないことにしているんです」という方針で行くしかありません。
「いい怒り方はないですか」という質問は、怒ることでまだ100分の1でも局面打開の可能性があるのではないかという期待感を持っています。
 怒ることによって、局面が打開することはないのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

怒らない人は、うまくいく。
品格を高める61の方法

怒らない人は、仕事でも、恋愛でも、人間関係でも、チャンスをつかむ。怒りをコントロールし、品格を高める61の方法を紹介。
定価:本体1300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい