ブレる人は、好かれようとして発言する。 ブレない人は、自分軸で発言する。

中谷彰宏『ブレない人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.07.20
公開日 2014.08.01

 僕は、みんなに映画を見ることを勧めています。
 映画の登場人物でカッコいいのは、ブレない人です。
 「美人だね」という表現は、フランス映画にはありません。
 「望郷」というフランス映画で、主演のジャン・ギャバンは「かわいいね」「きれいだね」とは言わずに、「気に入った。おまえはいい女だ」と言います。
 一見、生意気な発言です。
 こんなセリフは、なかなか言えません。
 相手に好かれようとして言うのではなく、あくまで自分軸で言っています。
 これがブレない発言です。

 映画は、ビクビクしないセリフが多いです。
 石原裕次郎さんの映画でも、やっぱりそんなふうに言っています。

 恋愛でも、仕事でも、好かれたいと思ってガマンしてすることは、結果として好かれないのです。
 好かれようと思って、2次会、3次会、最後のカラオケまでつき合っても、「あいつ、いつまでいるんだ」と思われるのがオチです。
 ブレる人は、ここで「じゃ、どうすればいいんだ」と言います。
 いつも「どうしたらみんなに嫌われないですむか」ということばかり考えているのに、好かれないのです。
 ブレない人は、「じゃ、どうしたらいいんだ」とは言わないで、自分軸で「こうする」と決めているのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

ブレない人は、うまくいく。
迷わなくなる55の方法

うまくいく人は、ブレない生き方をしている。人に好かれようとするのではなく、自分軸で行動し、チャンスをつかむ方法を紹介する。
定価:本体1300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい