絵本のような構成の本に、6曲を収録したCDをセット。誰でも日常的に、そして気軽に、般若心経に触れて心をととのえることができる書籍を6月30日(木)に発売します。

『心がととのう 新しい般若心経CDブック』書影

「癒される」「斬新!」と話題の“音楽として聴く般若心経”のCDを付けた書籍

 日本でいちばん知られているお経「般若心経」に声(コーラス)を重ね、アレンジを施し、音楽にしたのが、本書の著者である“歌う僧侶”こと薬師寺寛邦さんです。
 般若心経を歌う動画は、国籍や年齢や性別を問わず、そして信仰の有無も超えて、「癒される」「落ち着く」「斬新さに驚き!」「美しいコーラスに感動」「これこそ日本のラップミュージックでは?」「仕事中に聴くと集中できる」といった評判を呼び、YouTubeをはじめとする世界の動画共有サイトで7500万回以上再生されています(2022年4月現在)。
 本書は、その薬師寺さんの歌う「般若心経」を誰でも、いつでも聴くことができるよう、楽曲を収録したCD付きの書籍となります(専用サイトにアクセスすれば、スマートフォンやPC、タブレットでも聴くことができます)。

アレンジの違う「般若心経」紙面

アレンジの違う「般若心経」5バージョンと、薬師寺さんが般若心経を意訳して作った曲「空」のアコースティックバージョンの計6曲を収録。

心をリセットしたいとき、さっと手に取って読める絵本のような構成

 本には、薬師寺さんによる般若心経の現代語意訳「空(くう)」を掲載。音楽家である薬師寺さんの本領が発揮された意訳は、まるでJ-POPの歌詞のようで、これぞ令和版の超訳「般若心経」という斬新さです。
 意訳「空」のページには、TwitterなどのSNSで発表する絵が「かわいい」「あたたかみを感じてほっこりする」と人気のイラストレーター・hakowasa(はこわさ)さんが描いたイラストが添えられ、絵本のように見て楽しむことができます。
 見て・読んで・聴いて、どの方法でも心をリセットできる。
 短時間で般若心経がわかる・しみる・そして心が楽になる。
 本書は、お経(般若心経)に対する難しいイメージを一新する、今までになかった新しい般若心経の書籍です。

著者 薬師寺寛邦(やくしじ・かんほう)

「著者」画像

 薬師寺寛邦(やくしじ・かんほう)/愛媛県今治市の臨済宗妙心寺派・海禅寺副住職。音楽家。1979年愛媛県生まれ。10代の頃からバンド活動を始め、2003年にコーラスグループ「キッサコ」を結成。2013年に修行を終えてからは、仏教の教えをポップスのメロディとハーモニーに乗せて伝えていくことをコンセプトに、寺院ライブを軸に活動。2018年からはソロとなり、「キッサコ」の名を引き継いだ“僧侶ボーカルプロジェクト”「薬師寺寛邦 キッサコ」として活動している。同年に、般若心経にコーラスを重ね楽曲にしたCDアルバム「般若心経」を発売。そのオリジナルバージョンである「般若心経 cho ver.(コーラスバージョン)」がYouTubeなど世界の動画共有サイトで話題となり、総再生回数は7500万回を超える人気に。今月からは、日本・マレーシア・シンガポール・インドネシアを回るアジアツアーがスタート。直近では5月14日(土)に京都公演(ロームシアター京都サウスホール)が開催される。

公式HP

YouTube

Twitter

商品の紹介

『心がととのう 新しい般若心経CDブック』書影

■書名:『心がととのう 新しい般若心経CDブック』
■著者:薬師寺寛邦
■発行:学研プラス
■発売日:2022年6月30日
■定価:1,540円(税込)

本書を予約する(Amazon)