1分以上の怒りは、 ムダなエネルギーの消耗。

中谷彰宏『怒らない人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.07.20
公開日 2015.05.07

 仲間を守ったり、部下の成長やチームワークを生み出したりするために、1分以内で怒ることは必要です。
 1分以上怒るのは、ムダなエネルギーの消耗になります。

 1つのことで、1分以上怒るタネは見つかりません。
 部下に対して、時間を守らないことだけで1分以上は怒れません。
 1分以上怒り続ける人は、怒った状態の収束ができなくなっているのです。
 それで、ほかに怒るタネはないかと一生懸命探します。
 怒るタネは、探すと見つかります。
 1つは、「あの時もこうだった」という過去のアラ探しです。
 過去の余罪が洗いざらい出てきても、それらは過去に怒られて終わっているのです。
 もう1つの怒るタネは、「その態度はなんだ」と、相手のリアクションについて話を広げることです。
 謝ると「謝ってすむと思っているのか」と言い、ニコニコ笑うと「何笑っているんだ」と、どちらでも怒ります。
 怒られる側は、逃げようがありません。

 1分以上は、ムリに怒っているのです。
 これは、自分が怒っているのではありません。
「怒っているはずだ。何かタネを探せ」と、脳のストッパーが働かず、ムダに怒らされているのです。
 怒られる側は、1分以上怒られると、何を怒られているのかわからなくなります。
 話がどんどん変わるからです。

 怒る時は、1つのネタで1分以内にすることです。
 1分だけ怒ったら、ニッコリ切り上げるのです。
 別のネタには移らないと決めておけばいいのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

怒らない人は、うまくいく。
品格を高める61の方法

怒らない人は、仕事でも、恋愛でも、人間関係でも、チャンスをつかむ。怒りをコントロールし、品格を高める61の方法を紹介。
定価:本体1300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい