間接表現に、気づく。

中谷彰宏『会話力のある人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.07.17
公開日 2015.04.02

 会話で大切なのは、言葉よりもメッセージを受け取ることです。
 会話力のない人は、まじめで優等生なので、間接表現がわからないのです。

 ある店で、カップルがごはんを食べていました。
 テーブルには、料理が山盛りにのっています。
 彼は、スマホを横に置いて、斜めの体勢でずっとスマホを見ていました。
 彼女が「そんな体勢で、よくスマホが見れるね」と言うと、彼は「平気」と言ったのです。
 これは、言葉が通じていません。
 彼女が言いたいのは、「一緒にごはん食べているんだから、スマホをやめたら」ということです。
 それなのに、彼は言葉どおりに「アクロバティックな体勢がすごいね。大丈夫?」と受け取ったのです。
 このカップルに、次のデートはありません。
 原因はスマホを見ていたからではなく、「こいつは言葉が通じないから、会話ができない」と思われたからです。

 男性も女性も、モテない人は、まじめな人が多いのです。
 まじめな人は、言葉を言葉どおりに受け取ります。
 会話力のある人は、言葉の下に隠れているメッセージを受け取れるのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

会話力のある人は、うまくいく。

好調の「うまくいくシリーズ」第6弾。「会話力のない人」は、モテないし、成功しない。話方を変えると、生き方が変わり、仕事も、恋愛も、人間関係もうまくいく。会話力をつけることでチャンスをつかむ、55の方法を紹介する。
定価:本体1,200円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい