赤ちゃんは、自分の主張をする。 子どもは、自分の説明をする。 大人は、相手の利益を話す。

中谷彰宏『会話力のある人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.08.06
公開日 2015.04.23

 上司に怒られないためには、部下は「大人の会話」をしたほうがいいのです。
 会話には、「赤ちゃんの会話」「子どもの会話」「大人の会話」という3通りがあります。
 赤ちゃんの会話は、自分の主張しかしません。
 子どもの会話は、赤ちゃんより少し成長します。
 言いわけしたり、「なぜこうかと言うと」と説明したりします。
 大人の会話は、「こうすると、○○ですよ」と、相手の利益を話します。
 相手がハッピーになって、相手のプラス、相手のメリットになるのが、大人の会話です。
 会話力は、「自分の主張」→「自分を守る言いわけ」→「相手側に立った言葉」という順番で発達します。
 その人がどういう会話をしているかで、その人の発達段階がわかるのです。
 
 自分の主張や言いわけばかりしている人は、大人になれずに中年になります。
 歳だけとって、赤ちゃんや子どもの会話をしているのです。
 中年は初老になり、前期高齢者になり、後期高齢者になります。
 相手の利益を話す大人は、80歳、90歳になっても大人のままです。
 今話している話が、相手の幸せの会話かどうかを考えることが大切なのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

会話力のある人は、うまくいく。

好調の「うまくいくシリーズ」第6弾。「会話力のない人」は、モテないし、成功しない。話方を変えると、生き方が変わり、仕事も、恋愛も、人間関係もうまくいく。会話力をつけることでチャンスをつかむ、55の方法を紹介する。
定価:本体1,200円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい