整理収納アドバイザー1級の娘と母が、これまでの経験からまとめた整理術の数々をそれぞれの視点で紹介!!

『片づけを楽しむ、好きになる。』書影

家族みんなで楽しめる整理収納メソッド満載!

 1年前に始まったコロナ禍で、巣ごもり生活が多くなったみなさんのご自宅の子ども部屋や居間、玄関などに対して、「散らかっているなぁ」「物が多いなぁ」と感じること、ありませんか?
 この辺で一度、わが家のリフレッシュを考えてみたほうが良さそう……とは言え、どこから片づけようかと悩んでいる人も多いかと思います。
 しかし、家族が住む家の片づけは、家族みんなで考えて実行してこそ、住みやすい家を手にすることができます。そんなときに役立つのが本書です。整理収納アドバイザー1級の娘と母が、親子それぞれの立場から生まれるアイデアを出し合い、心も体もラクになる整理収納メソッドを教えてくれます。

「中学二年生になった清水麻帆さん(左)と、母の清水幸子さん(右)」画像

「片づけのアドバイスを求めるお宅に二人でお伺いします」画像

↑中学二年生になった清水麻帆さん(左)と、母の清水幸子さん(右)。片づけのアドバイスを求めるお宅に二人でお伺いします。

収納の奥義はゆとりを残した「余白収納」!

 娘の清水麻帆さんは、小学6年生で史上最年少の整理収納アドバイザー1級を取得。子どもたちが大人顔負けの知識を披露する『博士ちゃん』をはじめ、多くのテレビ番組に出演する話題の中学生。母の清水幸子さんは、instagram10万人超のフォロワーを持つ大人気の整理収納アドバイザー。共に1級資格を持つプロの親子アドバイザーです。
 そんなお二人の片づけにおけるモットーは「余白収納」。収納には余白が必要という考えで、2割、3割の余白を残しておくと決めて、整理収納を進めていきます。本書もこの考え方をベースにリビング、キッチン、子ども部屋など個々のスペースでの整理収納術を数多く紹介しています。「片づけを楽しんで、好きになれる」テクニックに加え、考えかたもちゃんとわかる内容になっています。

「子ども部屋など個々のスペースでの整理収納術」紙面

「キッチンのスペースを活かした壁面収納棚」紙面

↑自在に入れ変えることができる子供部屋の収納棚や、キッチンのスペースを活かした壁面収納棚……あなたのわが家でも簡単に実現できるアイデアがいっぱい!

■目次
 はじめに
 Chapter1 「幸子と麻帆」の整理収納ポリシー
 Chapter2 家族に優しい収納テクニック
 Chapter3 プチプラグッズでできる! お悩み別アイデア収納
 Cross Talk 史上最年少で整理収納アドバイザーになりました
 片づけ上手な子どもを育てる何でもQ&A

著者プロフィール

清水 幸子(しみず さちこ)
 1979年生まれ。神奈川県出身。整理収納アドバイザー1級、ファイリングデザイナー1級。KEYUCAスペシャルアンバサダー。史上最年少整理収納アドバイザーである清水麻帆の母。元銀行員の経験を活かした住まいとオフィスの整理収納を提案。神奈川県逗子市のマンションで、家族3人で暮らす。

清水 麻帆(しみず まほ)
 2007年生まれ。神奈川県出身。小学6年生の時に、整理収納アドバイザー1級の資格を史上最年少で取得。以降、プロの整理収納アドバイザーとしてTVほか多方面で活躍。
 同じ整理収納アドバイザーである清水幸子の娘であり、「子どもの目線でわかりやすい」整理収納の実践を日々心掛けている。

商品の紹介

『片づけを楽しむ、好きになる。』書影

■書名:『片づけを楽しむ、好きになる。』
■著:清水幸子 清水麻帆
■発行:学研プラス
■発売日:2021年4月15日
■定価:1,430円 (税込)

本書を購入する