外遊び・庭遊び・里山暮らしの達人が指南する、「大人が楽しめる庭・暮らし」を作るDIY実践術

書影

 オフロードバイク誌の創刊プロデューサーやオートキャンピング誌の創刊編集長を経て、日本初のDIY専門誌『ドゥーパ!』を創刊し、長く名物編集長を務めたのが、本書の著者・脇野修平氏です。著者は『ドゥーパ!』の創刊以来、ウッドデッキ・バーベキュー炉などのレンガワーク・ピザ窯・小屋など、数々のDIYブームを生み出してきました。

 本書は、著者が『ドゥーパ!』や派生書籍・ムックなどで関わってきた多数のDIY作品の中から、人気作・名作(なかには迷作も?)を選び、新たな文章を添えて再構成した1冊です。豊富な写真と図面で構成する実践ガイドはもちろん、クスッと笑える製作秘話などの思い出エッセイも読みごたえがあり、読んで・作って・使って楽しい内容となっています。

 DIY・アウトドアのブームの仕掛け人であるカリスマ編集長がお届けする「大人が楽しめる庭・暮らしを作る本」をぜひお楽しみください。

紙面画像

第1章 庭は居遊空間だ!

 庭に住み、遊び、造る。「楽しい居遊空間」を作るためのDIYを伝授。簡単ガーデンチェアから、家族や仲間と楽しめる宴会テーブル、ブランコ風のベンチまで、庭に居るのが楽しくなる作品が満載。さらには、ガーデンDIYに欠かせないレンガワークやペイビングの基本も紹介。我が家の庭や玄関に応用できる情報が満載です!

紙面画像

紙面画像

第2章 火を楽しむDIY

 野外DIYの醍醐味であり、これぞ「大人の遊び」といえる、火を楽しむDIYを紹介。ファイヤーサークル(焚き火場)や火鉢テーブル、BBQ炉つきガーデンキッチンなど、火を使った遊び場作りが満載。そのほか、ピザ窯ブームの導火線になった、2層式ドーム型ピザ窯の実践ガイドも掲載しています。

紙面画像

紙面画像

第3章 週末里山暮しのDIY

 千葉県いすみ市に購入した里山で「週末里山暮らし」を実践している著者が、里山で使えるDIY術を伝授。実践ガイドでは、里山暮らしに必須のチェンソーワークを紹介。丸太のカットからメンテナンス、基本テクでできるチェアの作り方や、自分でできる間伐まで、役立つ情報が盛りだくさん! さらには、巣箱やコンポストボックス、雨水タンクなどのDIY作例も多数掲載。都会ではできない、里山暮らしの魅力を紹介します。

紙面画像

紙面画像

第4章 ウッドデッキを作ろう
第5章 小屋を作ろう

 後半の4、5章は、今も昔も『ドゥーパ!』で大人気のウッドデッキと小屋。和風モダンな2段デッキや、ツリーデッキ、工房小屋、ツリーハウス、サウナ小屋など、長年作り続けてきた多数の作品の中から、特に思い出深い、個性派の作品が登場。脇野氏らしい遊び心満載のアイデア・デザインは、必見です。

紙面画像

紙面画像

紙面画像

著者プロフィール

著者近影

脇野 修平(わきの・しゅうへい)
 1948年、千葉県市川市生まれ。
 立教大学経済学部卒業後、カウンターカルチャー誌の創刊に関わったのち、フリーのライター&エディターとなる。オフロードバイク誌『ガルル』創刊プロデューサー、オートキャンピング誌『ガルヴィ』創刊編集長などを経て、1997年にDIY誌『ドゥーパ!』を創刊し、長く編集長を務める。現在は、週末山小屋暮らしを実践するフリーライター&エディター。20代の多くは、バックパッカーとしてアフリカ16カ国などを貧乏旅行。32歳で編集プロダクションを設立後、40歳のときに一時完全休職し、親子5人で半年間、アフリカ縦横断旅行したほどのアフリカ好き。

商品の紹介

書影
■書名:『庭遊びの達人が教える 野外DIY実践術』
■著:脇野修平
■発行:学研プラス
■発売日:2019年11月28日
■定価:本体2,000円+税

本書を購入する

あわせて読みたい