片づけの心理法則書影

DaiGo流「片づけ」の極意を、図解で「見える化」!

 片づけとは、部屋をきれいにするだけの行為ではない。ムダをなくして目標を達成するための「科学的作業」である――。

 メンタリストDaiGo氏は、2017年に出版された書籍『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』で片づけをこのように定義し、“片づけ本”の世界にセンセーションを起こしました。そして、その思想は多くの読者にめざましい効果をもたらし、12万部を超えるベストセラーとなったのです。

 そこで著者の真意をより幅広く伝えるため、イラスト図解を駆使して再構築した作品が、今回ご紹介する『図解 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』です。

「7つの質問」で、迷わず捨てられる!

 片づけとは、人生のムダから自由になること。こう考えると、面倒な掃除も一瞬で魅力的な成長手段に思えてきます。一瞬で人の心を読むメンタリストとして知られるDaiGo氏は、本書でも脳科学や心理学の知識を駆使して、数々の「片づけの鉄則」を導き出してくれています。

「何を捨てていいかわからない」と悩む人たちに向けて、彼は「7つの質問」を投げかけます。たとえば、こんな調子です。
「いったん捨てたとして、これを買い直すか?」
「お金が無限にあったら、本当にこれを買うか?」

「7つの質問」を問いかけ、実行することで、モノが勝手に減っていく……。その流れや応用形を図解にしています。DaiGoのワンポイントアドバイスも。

「7つの質問」を問いかけ、実行することで、モノが勝手に減っていく……。その流れや応用形を図解にしています。DaiGoのワンポイントアドバイスも。

毎日無理なく続けられる「片づけの習慣」もコーチ!

 一度捨ててもまた買い足してしまえば、結局ゼロに逆戻りです。そんな人に向けてDaiGo氏は、片づけを「習慣化する」技術も教えてくれます。

 たとえば、1つ買ったら2つ捨てる「1イン2アウト」というルール。さらには、スペースの6割しか使わない「6割収納ルール」……。

 本書ではこうしたDaiGo式の片づけメソッドを、ピクトグラム(絵文字)で図解化しています。ピクトグラムは伝えたい概念を単純な形で可視化することができるため、多忙な日常を送るビジネスパーソンでさえも、短時間に簡単に要点をつかむことができるのです。

1つ入れたら2つ出す習慣。作業の流れを図解で見るとコツが理解しやすくなります。

1つ入れたら2つ出す習慣。作業の流れを図解で見るとコツが理解しやすくなります。

いよいよ「片づけ」シーズン到来。科学的メソッドで大そうじも大成功!

 DaiGo氏は「片づけ」を独自の視点でとらえています。彼にとって「片づけ」とは部屋をきれいにする作業ではありません。人生の残り時間を整理して自分の可能性を最大化する、それが彼の主張です。

 今年の大掃除こそ、人生を変える絶好のチャンス。この「片づけの心理法則」をもとに身辺を整えれば、来年の成功は間違いありません。

【目次構成】

第1章 自由な時間が増える! 片づけの基本・3原則
第2章 心理的片づけで得られる5つのメリット
第3章 迷わずに捨てる! モノが勝手に減っていく7つの質問
第4章 これで二度と散らからない! 毎日の片づけ習慣7
第5章 理想の部屋をつくる! エリア別・片づけの鉄則5
第6章 スケジュールの片づけ 時間を最大活用する7つのテクニック
第7章 迷わない人生を生き、人生を最大化する8週間プログラム

【著者プロフィール】

メンタリストDaiGo
 慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。
 英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数百のTV番組に出演。その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換し、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動中。日々インプットした膨大な情報・スキルを独自の視点でメソッド化し、YouTubeやニコニコ生放送でアウトプットすることにより驚異的な成果を挙げ続けている。
趣味は1日10~20冊程度の読書、猫と遊ぶこと、ジム通い。ビジネスや話術、さらには恋愛や子育てまで、幅広いジャンルにおいて人間心理をテーマに執筆した著作が多数ある。
『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』『天才脳をつくる!メンタルナゾトキ(松丸亮吾と共著)』(ともに学研)ほかヒット作多数。

商品の紹介

■書名:『図解 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』
■著:メンタリストDaiGo
■発行:学研プラス
■発売日:2019年11月21日
■定価:本体1,100円+税

本書を購入する

あわせて読みたい