絵本だけじゃない!?「ちっちゃなおさかなちゃん」パズルでも赤ちゃんを魅了!

『ちっちゃなおさかなちゃん』ベビーパズル

2019.02.08

「ちっちゃなおさかなちゃん」は世界中の親子に読まれ、日本でも発売数年で累計発行部数50万部となった人気の絵本シリーズ。赤ちゃんのための読み聞かせ絵本として定番となっています。黒の背景に鮮やかな色のコントラストで表現されたかわいいキャラクターが特徴で、読み聞かせのあいだ赤ちゃんが絵本の世界に釘付けになると口コミで評判に。

 そんな「ちっちゃなおさかなちゃん」が、お子さまが初めて楽しむパズル「ベビーパズル」になりました。小さいお子さまでも扱いやすいようにピースが大きく、絵柄に合わせたゆかいな形にデザインされています。親子のコミュニケーションツールとして、「ちっちゃなおさかなちゃん」のベビーパズルを楽しんでみてはいかがでしょうか。絵本だけでなく、パズルにも赤ちゃんの視線が釘付けです。

【発売元】マギー・ヴワット株式会社
【商品概要】ベビーパズル 価格:各500円
おさかなちゃんとなかまたち(8ピース)
おさかなちゃんのパパかっこいい!(15ピース)
【発売日】2019年2月7日
【販路】全国の玩具専門店、量販店、書店など

▲おさかなちゃんとなかまたち

▲おさかなちゃんのパパかっこいい!

絵本「ちっちゃなおさかなちゃん」シリーズについて

 

■書名:『ちっちゃなおさかなちゃん』
■作:ヒド・ファン・ヘネヒテン
■文:古藤ゆず
■発行:学研プラス
■定価:880円+税
■発売日:2014年1月10日

本書を購入する

既刊のタイトル

『ちっちゃなおさかなちゃん』

『おさかなちゃんのパパかっこいい!』

『おさかなちゃんのあのね、ママ』

『おさかなちゃんのじょうずじょうず』

『おさかなちゃんのばいば~い』

『おさかなちゃんのおいでおいで』

『おさかなちゃんのぴんぽ~ん』

『おさかなちゃんのできた!』

◇定価 各880円(税抜価格)

◇原作 ヒド・ファン・へネヒテン(ベルギー)

◇内容 主人公は小さな白いおさかなのこども「おさかなちゃん」。おさかなちゃんを 

取り巻く広い海は子どもの心に広がる「創造の海」を表している。