パパの個性やかっこよさに注目した『おさかなちゃん』新刊の紹介動画公開!

『改訳新版 おさかなちゃんの パパかっこいい!』紹介動画公開

公開日 2023.01.25

日本でもシリーズ60万部超! 読めばパパもこどもも笑顔になる!と、世界各国でレビュー続々!!

▲シリーズの全巻にそれぞれ内容を紹介する動画がある。今回は短めでギャグ感のあるテイスト

『ちっちゃな おさかなちゃん』は、ベルギーを代表する絵本作家ヒド・ファン・へネヒテンの原作に、オノマトペ(擬音・擬態語)など日本独自のアレンジを加えたシリーズ。
 0歳~3歳をメイン読者対象とし、《はじめて読むおはなし絵本》として定番となっています。

 2021年から絵や文をパワーアップさせた改訳新版がスタートし、現在60万部を超える大ヒットとなりました。
 今回公開された動画は、改訳新版6冊めとして発売した『パパ かっこいい!』を紹介するもの。編集部の手作り! パパとこどもの様子を見て幸せをかみしめる、ママの視点で描かれています。

ユニークなパパたちが次々に登場!

『パパ かっこいい!』は、旧版シリーズでも2番めに人気のあった物語。

『改訳新版 おさかなちゃんの パパかっこいい!』書影

▲表紙は黒地に映えるあざやかブルー色。ちいさな「改訳新版」のマークが目印

 主人公のちっちゃなおさかなちゃんは、黒い海を舞台に、個性あふれるお友だちのパパたちに次々に出会います。

 たとえば…
「よっとっと」と、ふたつのはさみでさかだちしてみせる「さかだちパパ」。

「さかだちパパ」紙面

▲さかだちパパ。より目でがんばる真剣さがほほえましい

「ひゅ ひゅう~♪」と、軽やかにくちぶえをふいてみせる「くちぶえパパ」。

「くちぶえパパ」紙面

▲くちぶえパパ。すました顔で「指笛」を鳴らす

「ぷしゅ~」と、すごい勢いでやってくる「スピードパパ」。

「スピードパパ」紙面

▲スピードパパ。進んだあとには細かいあわがいっぱい!

 おさかなちゃんの海は、読む人の心にある想像の海。そこでくらす仲間たちは、現実の生き物に似てはいるけれど、姿も動きも自由な発想に満ちています。

 おさかなちゃんはほかにも、長いあしでダンスをする「ダンスパパ」、こどもを背中にのせてずんずん進む「おんぶパパ」などに次々出会います。

 どのパパも、わが子とおさかなちゃんの前で、ほこらしげに得意わざを披露!
 各ページともおさかなちゃんの「かっこいいね!」の言葉でしめくくられながら、物語は進んでいきます。

パパの真のかっこよさとは?

 やがて「ぬお~ん」と現れた「おっきなパパ」が、おさかなちゃんにたずねます。

「おさかなちゃんのパパは? どんなパパ?」

「おっきなパパ」紙面

▲ぬお~んとやってきた「おっきなパパ」

 たくさんのパパたちの、すごいところを目の当たりにしたおさかなちゃんは、一瞬考えます。

「う~んとね…」

 おさかなちゃんのパパは、「おっきなパパ」のようにどっしりとしたからだつきでもなく、どちらかというとかわいい雰囲気。なんだか頼りなさそうなタイプ。
 それに、ほかのお友だちのパパみたいに、さかだちやくちぶえはできないし、力が強かったり運動能力に長けているわけでもありません。

 そこへやってきた、おさかなちゃんのパパ。
 おさかなちゃんはうれしそうにぴとっとくっついて、「〇〇〇〇パパだ!」と答えるのです。
 さて、なんて答えたかは…絵本を見てのお楽しみ!

「目と目を合わせて、うれしそうなふたり」紙面

▲目と目を合わせて、うれしそうなふたり

個性や多様性を尊重する時代に――

 昔ながらの“パパのイメージ”というと、「強くてどっしりかまえている」「頼りがいがある」「怒るとこわい」「厳しい・いばっている」などを思いうかべる人もいるかもしれません。
 でも、現代は様々な個性や多様性を受け入れ、尊重する時代。おさかなちゃんの物語では、こどものピュアな心で、それぞれのパパのありのままの魅力を見出し、「かっこいい!」と賞賛しているのです。

「それぞれのパパ」紙面

 原作は、25言語以上に翻訳出版されている大人気のこのシリーズ。
 各国のレビューを見ると

「海のパパはみんな特技があるけど、この子のパパにもすてきなところがあると伝えたい物語(アメリカ)」

「どのパパにも何か秀でているものがあるんだ、再認識しました(ベルギー)」

お友だちがみんなパパをほこらしげにおさかなちゃんに見せているところ、とってもかわいい(ポーランド)」

「自分のパパの特別ところを考える、すばらしい絵本(デンマーク)」

「パパ最高~!!の気持ちが伝わってきます(韓国)」

「息子、ついにパパの登場だ~と大興奮しました(ドイツ)」

「パパへのかわいい贈り物になりそうです(アメリカ)」

「父の日プレゼントにぴったり(フランス

「パパすごい! 大好き!という気持ちにそうテーマ(日本)」

「うちのパパもかっこいいよね~!と娘たちに話してみたくなりました(日本)」

…など、世界中で共感・大絶賛。
 こどもだけでなく、ママパパの心を元気にし、にっこりさせている物語です。

『改訳新版 おさかなちゃんの パパかっこいい!』書影

▲改訳新版 おさかなちゃんの パパかっこいい!

[関連記事]
パパも大喜び! の絵本『おさかなちゃんの パパかっこいい!』がパワーアップ

商品の紹介

『改訳新版 おさかなちゃんの パパかっこいい!』書影

■書名:『改訳新版 おさかなちゃんの パパかっこいい!』
■作・絵:ヒド・ファン・へネヒテン 翻案:古藤ゆず
■発行:Gakken
■発売日:2023年1月13日
■定価:990円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

 

■特別企画好評発売中
『0さい~3さい脳そだて おさかなちゃんとあ~そ~ぼ!』

『0さい~3さい脳そだて おさかなちゃんとあ~そ~ぼ!』書影

学研出版サイト

[関連記事]
『おさかなちゃん』シリーズに茂木健一郎/監修の0歳~3歳の脳育絵本登場!

そのシリーズ既刊
『おさかなちゃん』シリーズ

学研出版サイト

『おさかなちゃん』シリーズ 書影

『改訳新版 おさかなちゃんの おいでおいで』
『改訳新版 おさかなちゃんの ばいば~い』
『改訳新版 ちっちゃな おさかなちゃん』
『改訳新版 おさかなちゃんの ぴんぽ~ん』
『改訳新版 おさかなちゃんの あのね、ママ』

 

「ガッケンのハルガク 2023」ロゴ画像

「ガッケンのハルガク 2023」では様々なキャンペーンを開催中!

詳しくはこちらをチェック!