《8》一度も損しなくて済む人生なんて、 この世に存在しない。

千田琢哉『人生を変える、お金の使い方。』セレクション

UPDATE 2020.07.30
公開日 2018.10.29

本書で何度も力説したように、私は勉強こそが、

この世で最も優れたローリスク・ハイリターンの投資だと確信している。

しかし、投資には損が付きものだ。

投資である限りリスクはゼロにはならない。

一流の投資家でも「一度も損をしたことがない」という人などはおらず、

数え切れないほどの失敗をしながら、トータルでは勝っているというだけの話だ。

どんなに高額であっても、勉強代は、

金融や不動産の投資に比べれば桁違いに安い。

だから、どんなに損をしたところで知れているのだ。

 

それに、先生選びや教材選びで、最初から上手くいくことは稀である。

綺麗事を抜きにして、「先生」と呼ばれている人の過半数は、

「教えることのプロ」と呼べるだけの実力を持ち合わせていない。

難関国家資格を有するわけでもなく、華やかな実績や経歴の持ち主でもない。

ニセモノの自称先生ほどプロフィールがやたら長く、

言葉巧みな言い回しで、自分の未熟さをカバーする術に長けている。

だが、私はその手の先生に一度、騙されてみることも大切な経験だと思う。

人生には、実際に痛い目に遭って初めて、

「なるほど、こういうことだったのか!」

と気づかされることも多い。

それも含めてすべてが「勉強」だと思うからだ。

 

何といっても勉強代なんて安いものだから、

どれだけ騙されたところで、人生が致命的な事態に陥るようなことはない。

むしろそれが話のネタになったり、本命の先生選びや教材選びに繫がるのだから、

“必要経費”のようなものだろう。

ここで注意点を挙げておくと、

相場より桁違いに高くあなたが損をしたと感じたら、

二度と関わらないようにすることである。

通常、1日セミナーの受講料は数千円からせいぜい4〜5万円くらいまでだが、

これが10万円を超えた時点で「桁違い」ということになる。

あるいは通常、参考書や問題集といった教材は1冊千数百円から4〜5千円だが、

これが1万円を超えた時点で「桁違い」ということになる。

それであなたが心の底から納得できるならいいが、そうでない場合は絶縁すべきだ。

最近流行りの「お手軽に」「○○するだけ」「努力不要」という勉強法は、

大半が噓だ。

そして、それらの目利きも含めて、すべてがあなたの勉強なのだ。

 

 

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。 愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。 東北大学教育学部教育学科卒。 日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。 コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。 のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail

info@senda-takuya.com

■ホームページ

http://www.senda-takuya.com/

 

作品紹介

人生を変える、お金の使い方。

使えば使うほど、ブーメランのようにググッと還ってくる「最強のお金の使い方」を、20代のカリスマ・千田琢哉が大胆コーチ!

定価:本体1,300円+税/学研プラス

 

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい