『正解のない問題集』が発売!「正解のない問題」だらけの世の中を生き抜け!

『正解のない問題集 道徳編』

UPDATE 2022.11.15
公開日 2022.11.17
『正解のない問題集 道徳編』書影

『正解のない問題集 道徳編』シルバーの箔押しとカラフルなキャラが目立つ表紙。

答えのない問いに立ち向かえる人が求められている

 いまや移り変わりが激しい時代。ついこの間までは正解とされていた手法が、すぐに時代遅れのものに変わることも珍しいことではありません。

 これからは、基礎的な知識や技能を身につけるだけでなく、それを使いながら答えのない問いに対して、自分の頭で考え自分なりの正解を導ける人間となることが求められているのです。

 そんな時代に子どもたちに読んでほしいのが本書『正解のない問題集 道徳編』です。本書は池上彰さんが監修で、「年下は年上を敬ったほうがいいのか?」「いじめを止めないのは同罪なのか?」「ついてもいい嘘はあるのか?」などなど大人も頭を悩ませてしまうような、人によって正解が異なる30の問題について掲載しています。正解がないから考えないということではいけません。正解がないからこそ、自分の頭でよく考えて、自分の心の中に正解を持っておくことが大切なのです。

「正解のない問題の例」画像

本書で扱っている正解のない問題の例。子どもから聞かれたら、大人も答えに困る問題ばかり。

「問題のページ」紙面

問題のページ。身近によくある事例だからこそ、自分事として考えられる。

読みやすくて共感力が鍛えられる面白い設定

 本書は“個性豊かな8名の宇宙人たちが地球にやってきて、地球にある正解のない問題について学ぶ”という設定になっています。頭を悩ませてしまうような骨太な問題を扱っていても、この設定のおかげでとても読みやすく、どんどんページが進みます。

個性豊かな宇宙人たちといっしょに「正解のない問題」を体験する 紙面

個性豊かな宇宙人たちといっしょに「正解のない問題」を体験する。

 8名の宇宙人にはそれぞれ“正義感が強い”“論理的に考える”“考え方が柔軟だが人の意見を聞きすぎる”などの特徴があります。

 問題が提示された後の見開きでは、その宇宙人たちが問題についてあれやこれやと議論をしています。いろいろな性格の人が意見を交わしているのを疑似的に体験でき、“人の立場になって物事を考える力=共感力”を磨くこともできるのです。

「多様な意見があることを学び、最後は自分の意見を書いてみるのもいい」紙面

多様な意見があることを学び、最後は自分の意見を書いてみるのもいい。議論を深めるためのデータも満載。

 タイトルからしてユニークな『正解のない問題集 道徳編』、子どもも大人も同じ目線で、「考えることを楽しむことができる本」となっておりますので、ぜひ書店店頭やECサイトなどでご覧になってください。

商品の紹介

『正解のない問題集 道徳編』書影

■書名:『正解のない問題集 道徳編』
■監修:池上 彰

■発行:Gakken
■発売日:2022年11月17日
■定価:1,430円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)