「ディズニー ツイステッドテール」待望の第3弾は『ふしぎの国のアリス』!

『ディズニー ツイステッドテール ゆがめられた世界 アンバースデー』

UPDATE 2022.08.19
公開日 2022.08.12

果たしてアリスは大暴走するハートの女王を止めてワンダーランドを救えるのか!?

「ディズニーツイステッドテール」は、ディズニー名作のどこかがゆがめられた“もしも”の世界を描く、全米で大人気のYA(ヤングアダルト)向け小説シリーズ。その翻訳版として2021年冬に発売して話題沸騰となった『リトル・マーメイド』と『アラジン』のIF物語につづいて、いよいよ待望のシリーズ第3弾の登場です! 今回ゆがめられた視点で語られる物語は『ふしぎの国のアリス』! 18歳となったアリスが再びワンダーランドを訪れ、さまざまなナンセンスを乗り越えてハートの女王に挑む物語『ゆがめられた世界 アンバースデー』が上下巻でついに発売です!!!

『ゆがめられた世界 アンバースデー』上下巻表紙

▲『ゆがめられた世界 アンバースデー』上下巻表紙)ⒸDisney

▲動画:果てしないナンセンスに挑め!「ふしぎの国のアリス」のIF物語―ツイステッドテール第3弾!ⒸDisney

「アンバースデー」紙面

▲「ツイステッドテール」シリーズはディズニー作品の歌に関係するタイトルがつけられています。本作のタイトルはアリスがかつてティーパーティーに参加したときに、364日の誕生日じゃない日を祝って歌われていた『アンバースデー』。

「本文」紙面

▲表紙、本文挿絵を担当したのは大人気絵師 水溜鳥さん。物語のファンタジー感とちょっとダークな世界観を見事に描き上げています。

だれもが知る「ふしぎの国のアリス」のどこかがゆがめられた“もしも”の物語

『ふしぎの国のアリス』では7歳だったアリスは自立心のある18歳の女性に成長。持ち前の行動力と好奇心は健在で、19世紀のヴィクトリア朝時代の習慣やしきたり、異文化に対する無理解は彼女にとっては窮屈でナンセンスそのもの。一方、大人になった目で見るワンダーランドも、理解しがたいナンセンスなことだらけ! でも、ここでのナンセンスは不思議と心地よい。この物語ではそんなふたつの世界のナンセンスのちがいを感じながら読むとおもしろい。
 冒険を通じてアリスが、友情、未知のものを理解すること、たいせつな人を助けることを学んでいく新たな物語。アニメ版やルイス・キャロルの原作のファンはもちろん、『ふしぎの国のアリス』を知らない人も楽しめる読み応えのある冒険ファンタジーです。『ディズニーツイステッドテール ゆがめられた世界 アンバースデー』は8月12日、上下巻同時発売です!

商品の紹介

『ゆがめられた世界 アンバースデー 上巻』書影

■書名:『ディズニー ツイステッドテール ゆがめられた世界 アンバースデー 上巻』
■著者:リズ・ブラスウェル
■訳者:池本尚美
■カバーイラスト:水溜鳥
■発行:学研プラス
■発売日:2022年8月12日
■定価:1,100円(税込)

本書を購入する

 

『ゆがめられた世界 アンバースデー 下巻』書影

■書名:『ディズニー ツイステッドテール ゆがめられた世界 アンバースデー 下巻』
■著者:リズ・ブラスウェル
■訳者:池本尚美
■カバーイラスト:水溜鳥
■発行:学研プラス
■発売日:2022年8月12日
■定価:1,100円(税込)

本書を購入する

【関連記事】
全米で話題の『リトル・マーメイド』のIF物語が発売決定!!
『リトル・マーメイド』のIF物語が発売一週間で重版決定!!
今大人気のディズニーIF小説「ツイステッドテール」の第3弾はアリス!!