基準が、 まわりの目になると、ブレる。

中谷彰宏『ブレない人は、うまくいく。』セレクション

UPDATE 2020.07.20
公開日 2014.08.14

 自分の中に基準があると、ブレません。
 自分で、決められるからです。
 基準がまわりにあると、まわりの人が動いたら、基準もそのつど変わります。
 たとえば、彼の好きなアイドルがショートカットだと聞いて、自分もショートカットにした女性がいます。
 そのアイドルが髪の毛を伸ばし始めると、「こんなに切っちゃって、伸びるまで時間がかかるじゃないの」と思いながら、また伸ばします。
 伸びたころには、またアイドルの髪型が変わっているのです。

 まわりの人に基準を置くことが、ブレる最大の原因です。
 自信が持てない人は、まわりの目を常に気にしています。
 人からほめられて初めて、自分で「よかった」と思えるのです。
 美容院で髪の毛を切ったあとに、美容師さんに「どうですか」と聞かれます。
 ここで「なんでこんなヘンな髪型にしたんですか」「切りすぎじゃないですか」というクレームは、まず起こりません。
 美容院のクレームは、次の日に来ます。
 昨日は「いいですね」と言っていたのに、友達に「ヘン」と言われて、クレームになるのです。
 こういう人は、どこまで行っても、しんどいです。
 ブレてもブレなくても、人はどちらでもいいのです。
 ブレていると、自分のストレスが多くなるというだけなのです。

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

ブレない人は、うまくいく。
迷わなくなる55の方法

うまくいく人は、ブレない生き方をしている。人に好かれようとするのではなく、自分軸で行動し、チャンスをつかむ方法を紹介する。
定価:本体1300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい