子どもたちの胎内記憶が親子の絆を教えてくれる……平成の大ヒット書籍が令和の今、堂々復刊!

『ママ、パパ、生まれる前から大好きだよ!』

UPDATE 2022.08.10
公開日 2022.08.09

胎児のときの記憶を意味する「胎内記憶」。その第一人者である著者が刊行し大ヒットした『ママ、生まれる前から大好きだよ!』を今回、新装版として再刊行。生命の不思議を感じたいあなたにおすすめの一冊です。

『ママ、パパ、生まれる前から大好きだよ!』書影

時間が流れても色褪せることのない、親子の絆がここに……!

 赤ちゃんが胎児であったときの記憶を「胎内記憶」といいます。今では多くの人々の知るところとなったこの言葉にまつわる、ママ、パパ、そして子どもたちの悲喜こもごものドラマを描いた本書は、2009年に発売されて以降、大きな反響を呼び、増刷を重ねました。令和の時代を迎えた今、装いも新たに刊行したのがこの『ママ、パパ、生まれる前から大好きだよ!』です。

「初刊発売時の文章はほぼそのままに再現」紙面

「和の時代にふさわしいイラストやデザインに一新」紙面

↑初刊発売時の文章はほぼそのままに再現しつつ、令和の時代にふさわしいイラストやデザインに一新!

 多くの人々に愛読された発刊当時の文章はそのままに、「いのちの不思議」を教えてくれる7つの物語を新たなデザイン、イラストとともに収録いたしました。悲しい事故やつらい戦争のニュースが増え、心が痛んでしまうようなときも、生きる意味を見失いそうになってしまうようなときも、変わらず尊い家族の絆や命の大切さを教えてくれる1冊です。

目次

 はじめに
 序章 胎内記憶との出会い
 第一章 「笑うために生まれてきたの!」 みうちゃんの物語
 第二章 「雲の上からママを選んだよ!」 多くの子どもたちの物語
 第三章 「男親の役割って、なんだろう?」 お父さんたちの物語
 第四章 「ぼくが赤ちゃんをつれてくるよ」 かずきくんの物語
 第五章 「ぼく、がんばったでしょ!」 あさとくんの物語
 第六章 「過去生のお母さんに会いたい」 あつしくんの物語
 第七章 「どんなお母さんでも大好きだよ」 ある胎話士さんの物語
 終章 いのちに寄りそう医療を求めて

著者プロフィール

池川 明(いけがわ あきら)
 1954年、東京都生まれ。帝京大学医学部卒業、同大大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年、神奈川県横浜市に池川クリニックを開設。出生前・周産期心理学協会(The Association for Pre‐&Perinatal Psychology and Health、APPPAH)の日本におけるアドバイザー。著書多数。

商品の紹介

『ママ、パパ、生まれる前から大好きだよ!』書影

■書名:『ママ、パパ、生まれる前から大好きだよ!』
■著:池川 明
■発行:学研プラス
■発売日:2022年8月12日
■定価:1,430円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)