スポーツの世界で仕事がしたい中高生は必読!『中高生のスポーツハローワーク』

『中高生のスポーツハローワーク スポーツを仕事にしたい君へ』

UPDATE 2022.06.24
公開日 2022.06.23

スポーツ業界の仕事と職種がわかる! 見つかる! 先輩たちのインタビューとアンケート、多数の職種を紹介する書籍を6月23日(木)に発売

『中高生のスポーツハローワーク スポーツを仕事にしたい君へ』書影

「スポーツと関わり、やりがいや感動を覚えることのできる仕事はたくさんある」とわかる本

 将来、競技者(プロアスリート)になることを夢見て日々スポーツに打ち込んでいる中高生、「自分はアスリートになるのは難しいかな……」と思ってはいるけれど好きなスポーツの世界に関わり続けたいと思っている中高生、どちらもたくさんいると思います。
 そして、スポーツに打ち込んでいる中高生なら、そのスポーツが多くの人たちのサポートがあって成り立っていることを理解し、「たとえアスリートになれなくても、スポーツに関わる仕事がある」ことは知っているでしょう。

 ただし、アスリートと違って表に出る仕事は少ないので、“スポーツ関連の仕事”には具体的にどんな職種があり、それがどんな仕事内容で、どのようにしたらなれるのかについては、それほど詳しく知られていない(網羅的に知る手段が少ない)のも事実です。
 近年は“スポーツビジネス”という言葉が注目を集め、関連書籍も何点か出版されていますが、その多くはビジネスマンや大学生向けのもので、中高生向けの書籍はこれまでほとんどありませんでした。

 そこで本書は、スポーツ好きな中高生に「スポーツに関わり、やりがいや感動を覚えることができる仕事の実例をたくさん紹介する」ことを目標に制作しました。
 実際にスポーツやアスリートを支える仕事をしている先輩たちに聞いたお話、職種紹介、進路の選び方といったことを伝える内容になっています。典型的な職業ガイド本的な作りではなく、実際に働いている多数の方たちのインタビューを中心としているため、詳しい仕事内容がわかるのはもちろん、現在にいたるまでの苦労話や、その仕事を目指す中高生に向けた励ましの言葉もあり、“スポーツ関連の仕事”をリアルに感じ取ることができるはずです。

 また、刊行にあたり、青山学院大学陸上競技部の原晋監督が、帯に推薦文を寄せてくださいました。

「アスリートじゃなくても1番になれる」自分自身が輝けるステージがスポーツにはあふれています!
―――原晋(青山学院大学陸上競技部監督)

 多くの中高生が本書のページをめくり、未来の自分に出会う旅へと足を踏み出すきっかけになることを願っています。

「目次」紙面

「目次」紙面

「目次」紙面

本書のおもな内容

 第1章 「スポーツと関わる仕事」を知る
 スポーツにかけた時間と努力は社会人になったときの貴重な財産

 第2章 「15の仕事」を聞く
 スポーツの現場や周辺で働いている15人の先輩が語る+70以上の職種を紹介
 ①選手のパフォーマンス向上を支える仕事
  スポーツトレーナー
  スポーツ心理学者
  理学療法士
  管理栄養士
  義足エンジニア
 ②チームを支える仕事
  プロ野球の球団職員
  通訳
  ビデオアナリスト
 ③スポーツ用品メーカーの仕事
  スポーツマーケティングマネージャー
  スポーツインストラクター
  ラケット開発者
 ④スポーツの魅力を伝える仕事
  スポーツライター
  YouTuber
 ⑤スポーツイベントに関わる仕事
  スポーツビジネスプロデューサー
 ⑦スポーツ少年少女を指導し支える仕事
  中学校・高校の教師

 第3章 「自分だけの未来」を切りひらく
 高校卒業後の進路と今から準備しておくといいこと

商品の紹介

『中高生のスポーツハローワーク スポーツを仕事にしたい君へ』書影

■書名:『中高生のスポーツハローワーク スポーツを仕事にしたい君へ』
■編・著:中高生のスポーツハローワーク編集部
■発行:学研プラス
■発売日:2022年6月23日
■定価:1,980円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)