累計2万部の大人気の『へんしん!かおはめえほん』シリーズから、『おばけ』が登場。家族のなりきり姿に、子どもたちも大喜び!

今年のハロウィン、どうしよう?

 コロナの影響で、ハロウィンイベントの開催自粛、中止が続々と発表されていますね。今年は「おうちハロウィン」「おこもりハロウィン」を考えている方も多いのではないでしょうか。
 おうちでわざわざ仮装するほどではないけれど、子どもたちとハロウィンは楽しみたい! そんなご家庭にぴったりの絵本が発売になりました。

『へんしん!かおはめえほん おばけ』書影

▲『へんしん! かおはめえほん おばけ』

めくってかんたん変身! オンラインハロウィンにもぴったり!

『へんしん!かおはめえほん おばけ』は、絵本に顔をはめて遊べるしかけ絵本の第3弾! ろくろっくびや、ジャック・オー・ランタン、かっぱなど、あらゆるジャンルのおばけになりたい放題!です。

 夕日の絵をめくると現れるのは、「ジャック・オー・ランタン」!
 顔はめパネルのように、顔をはめてなりきろう!

夕日の絵をめくると現れるのは、「ジャック・オー・ランタン」画像

 顔をはめるだけじゃない! カサだと思ったら「からかさこぞう」が出てきたり、サッカーボールが「かっぱ」になったりと、不思議な絵がわりが味わえます。

カサだと思ったら「からかさこぞう」画像

サッカーボールが「かっぱ」になった 画像

 びっくりしかけがあるので、オンラインにもおすすめです。遠くの友だちやおじいちゃん、おばあちゃんに変身姿を見せて驚かせちゃいましょう!

変身できるおばけは、全部で6種類!​

「変身できるおばけは、全部で6種類」画像

 からかさこぞうから、かっぱまで、6種のおばけに変身できます。家族みんなでなりきれば、子どもたちも大喜びするでしょう。
 ハロウィンには、お菓子を用意して、「トリック・オア・トリート」!
 おばけごとに、もらえるお菓子を変えたり、家族で順番にやったりして、「だれが一番こわいおばけかな?」なんて盛り上がるのもいいですね。

メディアでも大人気! ユーモアたっぷり、ささがわいさむの本

 放送作家・脚本家としても活躍する、本書の著者・ささがわいさむさん(作を担当)は、「読むだけじゃない」遊べる絵本をユーモアたっぷりに作る名手。先日、TBSの番組『審査員長・松本人志』で紹介され話題となった、『ちちんぱいぱい』も、ささがわいさむさんが作を担当しました。

ささがわさん 作の『ちちんぱいぱい』書影

▲ささがわさん 作の『ちちんぱいぱい』(発行:学研プラス)。 読み聞かせで盛り上がる、異色のおっぱい絵本。

累計2万部の人気シリーズ 『へんしん!かおはめえほん』と、その誕生秘話

 観光地などでよく見かける、顔はめパネル。なぜか思わずやりたくなってしまうもの。そしてはめた瞬間、不思議と変顔したり、ふざけたりしてしまうので、一気に雰囲気が和やかに楽しくなりますね。
「こんなおもしろアイテム、自宅で手軽にできたらいいな…」「もっといろんな顔はめをやってみたい、子どもにもやらせてあげたい」と楽しいこと好きの担当編集が思ったのが、企画のきっかけでした。

 そして完成したのがこのシリーズ。
 今回の『おばけ』で、3作目となる人気シリーズとなりました。

第1弾『むかしばなし』書影

▲第1弾『むかしばなし』

第2弾『おしごと』書影

▲第2弾『おしごと』

むかしばなし』より「ももたろう」紙面

むかしばなし』より「ももたろう」

おしごと』より「ライフセーバー」紙面

おしごと』より「ライフセーバー」

 親子で笑える絵本として、読者からは
「2歳の息子が大好きで、ずっとケラケラ笑っています」
「子どもに見せたら、大喜びでした!」

 などの声をいただいています!

 恥ずかしがり屋さんも安心して自宅で思いっきり楽しめる顔はめ絵本で、おうち時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。ハロウィンに限らず、これからのおうち時間にも大活躍です。 

商品の紹介

『へんしん!かおはめえほん おばけ』書影
■書名:『へんしん!かおはめえほん おばけ』
■作:ささがわいさむ
■絵:たがわひでき
■発行:学研プラス
■発売日:2020年8月27日
■定価:本体1,300円+税

本書を購入する