2020年カナダ総督賞・絵本賞受賞! 世界10か国以上で翻訳され大評判!『夜のあいだに』も描いたファン・ブラザーズの傑作冒険ファンタジーが日本上陸!

『バーナバスの だいだっそう』

UPDATE 2021.09.27
公開日 2021.09.24
『バーナバスの だいだっそう』書影

『バーナバスの だいだっそう』の表紙ビジュアル

――ぼくは<しっぱいさく>?<かんぺき>じゃないかもしれない。

 バーナバスは半分ネズミで、半分ゾウの人工ペット。ここは、ペットショップの地下にある人工ペットの研究所。<しっぱいさく>の烙印を押されたバーナバスは作りなおされる運命に…。でも、バーナバスは自由を求め、できそこないの仲間たちと力を合わせて危険な冒険にのりだします。

『バーナバスの だいだっそう』は、2020年カナダ総督賞・絵本賞受賞、Amazon U.S.A. 2020ベスト絵本など数多くの賞を受賞! 世界的絵本作家ファン・ブラザーズによる珠玉の冒険ファンタジーです。同著『夜のあいだに』に続いて、原田勝氏の訳で日本語版の刊行が実現しました。
 細かく作りこまれた世界観には読むたびに驚きがいっぱい。特に、主人公のバーナバス以外にも登場する数多くの人工ペットたちがユニークで魅力的です。本文は全部で72ページの大長編。空想的で美しい絵や、心地よいテンポの文章、ドキドキのストーリーにどっぷりと浸れます。
 さらに総ルビで読みやすい! 就学前の幼児から小学校低学年生に特におすすめです。

『バーナバスの だいだっそう』中面 紙面

『バーナバスの だいだっそう』中面ビジュアル

『バーナバスの だいだっそう』中面2 紙面

『バーナバスの だいだっそう』中面ビジュアル2

『バーナバスの だいだっそう』中面3 紙面

『バーナバスの だいだっそう』中面ビジュアル3

【著者 ファン・ブラザーズより】
『バーナバスの だいだっそう』を日本のみなさんにもおとどけできること、たいへんうれしく思います! わたしたち兄弟は、心から楽しんでこの物語を考え、絵を描きました。どうかみなさんにも楽しんでもらえますように。

『バーナバスの だいだっそう』著者ファン・ブラザーズ 画像

『バーナバスの だいだっそう』著者ファン・ブラザーズ

【訳者 原田勝より】
『夜のあいだに』に続いて、大好きなファン兄弟の作品を翻訳する機会をいただき、うれしいかぎりです。この本は、原作のカバーを見たとたん、ガラスびんの中から、じっとこっちを見ているバーナバスの瞳に心をつかまれてしまいました。物語はスリリングな脱走劇ですが、「みんな、ちがっていてあたりまえ、助けあって前をむいて進んでいこう」というメッセージがこめられています。でも、なにより、個性ゆたかに描きわけられた、二十種類をこえる〈できそこない〉の人工ペットたちの絵がとっても楽しい。どれも、まねして絵に描きたくなる「かわいい(?)」ペットたちばかり。読者のみなさんには、ページをめくりながら、好きなキャラクターの絵をたくさん描いてほしい!

商品の紹介

『バーナバスの だいだっそう』書影

■書名:『バーナバスの だいだっそう』
■発行:学研プラス
■発売日:2021年9月23日
■定価:2,530円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)