お出かけ先や公園、アウトドアなどで便利! 家族や友達、大切な人へのプレゼントにも! 

子どもが進んで手洗い! かわいい「紙せっけん」を簡単手作り

『どこでも手あらい! 手づくり紙せっけん』書影

 感染症対策が叫ばれる中で、以前にも増して手洗いの重要性が高まっています。でも、小さな子どもは、手洗いを嫌がったり、面倒くさがったりして、隅々までしっかり洗えていないことが多いものです。また、外出先に石けんやハンドソープが設置されておらず、手洗いのときに困った経験がある人もいるのではないでしょうか。

 そこで、いつでもどこでも、子どもが楽しく手洗いできるようにとの願いを込めて企画・誕生したのが、『どこでも手あらい! 手づくり紙せっけん』です。
 キュートなイラスト入りの紙せっけんが、72枚も手作りできるキットで、誰でも簡単に作ることができます。

入っているもの

「入っているもの」画像

▲入っているもの。※スポンジブラシは組み立てた状態です。

(左上から時計回りに)
・ガイドブック
・水に溶ける紙 6シート
・紙石けんケース
・スポンジブラシ
・石けんパレット
・色パウダー(赤・青)
・カラーパレット

【ここがスゴイ!①】あっ! という間に溶けちゃう「特殊な用紙」

「水に溶ける紙シート」画像

▲水に溶ける紙シート

 本製品の一番の特徴は、ほんのわずかな時間で水に溶けるシート。かつて学研の『科学』の付録でも使っていた特殊な用紙を採用しており、水に浸して約30秒で繊維がバラバラになって溶け出します。約60秒後には、ほぼ原形がわからない状態に!

「繊維は天然素材なので、十分な量の水を用いればそのまま流しても問題ありません」紙面

▲わずかな時間でこの通り!

 繊維は天然素材なので、十分な量の水を用いればそのまま流しても問題ありません。環境にもやさしく、安心して親子で楽しむことができます。

【ここがスゴイ!②】サッとなでるだけでOKの専用スポンジブラシ

 とても溶けやすい紙なので、硬い筆などを使うと、すぐに紙が破れてしまうことが…。そこで、専用のスポンジブラシを開発しました。

 スポンジブラシに液体石けん(※)をふくませて、スーッと軽くなでるように用紙に塗るだけで、液体石けんが綺麗に染み込んでいきます。2~3時間ほど乾燥させれば、手作り紙石けんの完成です。
※液体石けんは、紙に染み込みやすい「泡タイプ」のハンドソープを使います。

【バリエーション豊富!】自分だけのオリジナル紙石けんが作れる

 水に溶ける紙(全6シート)には、あまびえ・イルカ・ペンギン・ウサギ・ユニコーン・ハートなど、12種類のイラストが印刷されています。

「付属の色パウダーと専用のスポンジブラシなど」画像

▲付属の色パウダーと専用のスポンジブラシなど

 付属の色パウダーを使えば、赤や青、そして紫の紙石けんに早変わり! さらに、スポンジブラシで模様をつけたり、綿棒で塗り絵したりして、カラフルな自分だけのオリジナル紙石けんを作ることができます。

【持ち運びに便利なミニサイズ】大切な人へのプレゼントとしても◎

「紙せっけん完成見本例」画像

▲紙せっけん完成見本例

 紙石けん1枚は、41×45mmの手のひらサイズ。1シートで12枚作れるようになっています。付属のケースに入れて鞄の中に入れておけば、いつでもどこでも好きなときに手洗いができます。水道さえあれば泡立てて綺麗に手が洗えるので、公園で遊んだ後やアウトドアに出かけたときなどに便利です。
 また、厚みがないので、手紙やメッセージカードに添えることも可能。仲良しのお友だち同士でシェアしたり、離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんへ贈ったり…大切な人へのプレゼントにピッタリです。

子どもは楽しく、パパママ安心!  新しい生活様式に欠かせないアイテム

 簡単に作れて、楽しく手洗いを習慣づけられる『どこでも手あらい! 手づくり紙石けん』。新生活様式にぜひとり入れたいアイテムです。ぜひ親子で楽しみながら、紙石けん作りにチャレンジしてみてください。

商品の紹介

『どこでも手あらい! 手づくり紙せっけん』書影

■書名:『どこでも手あらい! 手づくり紙せっけん』
■編:STEAM事業室  科学教材チーム
■発行:学研プラス
■発売日:2021年7月8日
■価格:1,760円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)