マスク乾燥はつらい! ほうれい線、シワ、たるみなどエイジングサインも気になる! そんなお肌の悩みを抱える女性のために、綿棒で簡単にできる新美顔術を紹介。

『美肌をつくる顔のツボ・反射区ケア 綿棒で1分押し!フェイスマッピング』書影

西洋医学の知識と東洋医学の鍼灸術を癒合した新美顔術!

 著者の奈部川貴子さんは洋の東西を問わず、さまざまな医療法、美容法を取材し続けるその道20年以上のベテラン美容ジャーナリストであり、その豊富な経験と膨大な知識をもとに、研究を重ね、美顔ケアメソッドを構築したセラピスト。本書で紹介するのはその新美顔システム、顔の反射区とツボを刺激することで、キレイを導く「フェイスマッピング」です。

 反射区とは、リフレクソロジー(神経反射療法)に基づく、遠隔に刺激を送る療法。足裏の反射区が有名ですが、顔にも反射区があります。反射区を刺激すると、それが神経を通じて臓器に伝わってその機能を活性化してくれます。
 また、フェイスマップポイントという、東洋医学のツボと筋肉と神経が集まり、押すと内臓や脳に働きかける顔の上にある点を融合し、美顔に効果のある顔の点(ツボ)としてまとめたのが「フェイスマップ」です。

 そこを的確に刺激すれば内臓機能が整い、ひいてはお肌の健康につながるというわけです。

「反射区」紙面

↑「反射区」は臓器と対応し、美顔へと導くまさにマップ。逆に言えば、顔の変化は内臓の不調や弱りを知らせるサインともいえるのです。

フェイスマッピングの方法はいたって簡単。ひたすらトントン!

 用意するのは綿棒と鏡、そして刺激するポイントを示した「フェイスマップ」。
 あとは目的に合わせてマッピング。綿棒で軽くトントンするだけです。
 例えば、目尻や眉間のシワが気になるなら“目もとエリア”の中から選ばれたシワに効く点を、番号順にトントン。ほうれい線や目の下のくすみ、クマが気になるなら“鼻・頬エリア”をトントン。
 番号を一巡する1回のトントンタイムは約1分。
 このたった1分でもスッキリ感やお肌に目に見えて効果があり、気分がアガること請け合いです。
 トントンすれば「あ、気持ちいい」と感じる点があるはず。それさえ感じればOK。効いているという証拠です。

「目もとエリア」紙面

↑目尻のシワが気になったら“目もとエリア”をチェック。

「綿棒の持ち方、押し方など」紙面

↑綿棒の持ち方、押し方など、基本動作は超簡単。

毎日トントンするだけでこの変化! 著者自ら驚愕の成果を披露!!

 もちろん、毎日続ければ効果はさらに確実なものになるでしょう。しかも持続します。
 体験例の写真を見ていただければ、変化は一目瞭然です。
 著者が身をもって示してくれた証拠写真。別人です……。
 ほかにもスゴい体験例を紹介していますので、ぜひその目で確かめてください。
 毎日のスキンケアのついでに、綿棒でトントン! 気軽にできるのも魅力です。
 トントンとリズミカルに刺激することでリラックス効果も生まれ、フェイスマッピングはメンタル面でのメリットも期待できるのです。

「ビフォーアフター」紙面」

↑これ以上の説得力はありません! 先生、さすがです!!

商品の紹介

『美肌をつくる顔のツボ・反射区ケア 綿棒で1分押し!フェイスマッピング』書影

■書名:『美肌をつくる顔のツボ・反射区ケア 綿棒で1分押し!フェイスマッピング』
■著:奈部川貴子
■発行:学研プラス
■発売日:2020年12月10
■定価:本体1,200円+税

本書を購入する

あわせて読みたい