自家焙煎珈琲の名店が監修。世界の豆カタログから、焙煎・ブレンドのコツ、ペーパードリップをはじめとする各抽出法、多彩なアレンジコーヒー、スペシャリストをめざすためのガイドまで網羅した、コーヒー本の決定版

『珈琲事典 新装版 この1冊で豆・焙煎・淹れ方がわかる』書影

 本書は、2014年に発行した『贅沢時間 珈琲事典』の新装版となります。豊富な写真とプロの解説で、コーヒーの基本をわかりやすく紹介しているとご好評をいただいた1冊を、装いを新たに、内容もアップデートして発売いたします。

「豊富な写真とプロの解説で、コーヒーの基本をわかりやすく紹介」紙面

「ハンドドリップの基本をマスターする」紙面

自家焙煎コーヒーの第一人者、「カフェ・バッハ」の田口 護氏が監修

 本書は自家焙煎コーヒーの名店「カフェ・バッハ」の店主、田口 護氏が監修しました。1968年の開業以来、50年以上もおいしいコーヒーを提供することに注力してきたコーヒー界のレジェンドが解説している本書は、カフェ・バッハの豆のブレンド法や淹れ方などが学べる内容となっており、マスターすれば名店の味を自宅で味わうことができます。

「スペシャルティコーヒー厳選 122銘柄」紙面

「ブラジル マイルドで飲みやすく酸味は控えめ」紙面

「プロのブレンドテクニックをまねる」紙面

豆は世界のスペシャルティコーヒー122銘柄を厳選。自分好みの豆がきっと見つかる

 本書の第一の特長は、世界の人気コーヒー豆から24か国122銘柄を選りすぐって紹介するカタログです。すべて写真付きで、国ごとの傾向に加え、各銘柄の香り・コク・苦味・酸味を解説し、それぞれに適した焙煎度も記しています。自分で豆を購入する場合はもちろん、店で飲む人にとってもメニューブック感覚で活用することができ、自分好みの豆を見つけることができるでしょう。
 また、焙煎機を買わずとも手軽にできる、手網(取っ手つきの金網ザル)を使った焙煎法や、家庭用のロースターを使った焙煎のコツ、カフェ・バッハのブレンド例なども紹介しているので、生豆を購入し、自家焙煎(自宅焙煎)に挑戦してみたい人にも対応しています。

「ネルドリップの淹れ方 粗挽きの粉をたっぷり使う」紙面

「ドリップコーヒーをアレンジ」紙面

ペーパードリップから水出しまで、器具別の抽出法や、アレンジコーヒーの作り方も

 自宅でコーヒーを楽しむ方で一番多いのが、「焙煎された豆を買ってきて、ペーパードリップで淹れる」だと思います。もちろん本書では、豆の挽き方やペーパードリップでおいしく淹れるテクニックも徹底解説。とくにペーパードリップについては、ドリッパーのメーカーや抽出穴の数の違い別に、5つのドリップ法を紹介しています。さらに、ペーパーだけではなく、ネルドリップ、フレンチプレス、エアロプレス、サイフォン、水出し、エスプレッソなどの各種抽出法も紹介しており、どの器具を使えば好みの味を出せるか、そしてどう淹れるのがベストな方法なのかがわかります。
 また、ストレートコーヒー以外に、19種類のアレンジコーヒーのレシピも掲載しているので、これらを作れば、自分だけでなく家族や友人を楽しませることができます。

「SCAJ式カッピング カップに粉と湯を入れて8項目で評価する」紙面

プロのカッピング法など、コーヒーのスペシャリストになるためのガイドも!

 さらに本書では、これから自宅でコーヒーを淹れてみたいという初心者にはもちろん、コーヒーの世界をもっと知りたい、極めたいという人にとっても役に立つ、カッピング(テイスティング)の方法や、競技会のガイド、スペシャリスト(プロ)を目指したい人へのアドバイスなども掲載しています。

 自宅で過ごす時間が増えた今、よりおいしいコーヒーを自分で淹れてみたい人は、ぜひ本書を手に取ってご覧ください。

「コーヒーのうまさは4つの段階で決まる」紙面

【おもな内容】
■Part1 おいしい淹れ方、徹底解説!「プロの技で、コーヒーが10倍うまくなる」
・コーヒーのうまさは4つの段階で決まる
・基本のドリップ法をマスターする
 抽出法別の挽き方 / ミルの選び方 / 挽き方による味の違い / 水の選び方、わかし方 / 湯の適温 / ドリッパーの選び方 / フィルターの選び方 / 基本の淹れ方 / 大人数分の淹れ方 / カリタ・ウェーブ式 / メリタ式 / コーノ式 / ハリオ式 / ネルドリップ / エスプレッソ / フレンチプレス / エアロプレス / 水出し / サイフォン / カップの選び方 / 砂糖の種類と相性 / クリーム、ミルクの種類と相性 / 豆、粉の保存法 / 道具のメンテナンス / うまい淹れ方のウソ、ホント……etc.
■Part2 人気のアレンジドリンク、19バリエ「アレンジコーヒーを楽しむ」
 アイスコーヒー / カフェ・オ・レ / ウインナコーヒー / カフェ・シュヴァルツァー / カプチーノ / カフェ マキアート / ローマン・エスプレッソ / シナモンコーヒー / ハニーコールド / ホット・モカ・ジャバ / エスプレッソ・ブラン / フィーユ・フレイズ / ボヌール / カフェ・アメンドウ / アイリッシュコーヒー / エスプレッソ シェケラート / カフェラテ シェケラート / エスプレッソ&カシス / エスプレッソ ホワイト ルシアン……etc.
■Part3 最新・スペシャルティコーヒー122銘柄「自分好みの豆に出合う」
 スペシャルティコーヒーの特徴 / 世界のコーヒー豆の品種 / 品種ごとの形、香味の違い / 銘柄名の読み方 / 豆の性質&焙煎適正
・世界の人気豆カタログ厳選122銘柄
・コーヒーノキが一杯のコーヒーになるまで……etc.
■Part4 自家焙煎&ブレンドのテクニック「焙煎、ブレンドにこだわる」
 豆ごとに適した焙煎度 / 生豆の選び方 / 欠点豆の見分け方 / 焙煎前後のハンドピック / 焙煎のプロセス / 豆のタイプ別焙煎 / 手網焙煎 / ホームロースター / 業務用焙煎機 / 自家焙煎Q&A / ブレンドの基本 / 失敗しないブレンドのコツ / プロのブレンド例 / 2種ブレンド / 3種ブレンド / 4種ブレンド……etc.
■Part5 プロのカッピング法、専門知識と技術「コーヒーのスペシャリストになる」
・コーヒーのテイスティング法「カッピング」に挑戦
 はじめてのカッピング / SCAJ式カッピング / SCAA式カッピング / 自宅でできるトレーニング
・競技会でプロの技を見る、参加する
・コーヒーを極め、プロの道をめざす
 コーヒーマイスター / バリスタ / カフェオーナー / 焙煎士 / コーヒー鑑定士
・世界のコーヒー文化を学ぶ
■巻末 コーヒー用語辞典

【監修者プロフィール】
 田口護(たぐち・まもる)
 カフェ・バッハ店主、株式会社バッハコーヒ―代表取締役、日本スペシャルティコーヒー協会元会長(現・理事)。
 1938年、北海道生まれ。1968年に妻・文子氏とともに珈琲屋バッハを開業し、1972年より自家焙煎を始める。コーヒー消費国の視察、生産国の調査、取材、農園指導のみならず、コーヒー業界の人材育成にも力を注ぐ。1978年よりバッハコーヒーグループ主宰。現在グループメンバーが、全国各地でカフェ、自家焙煎店を開業している。2000年の九州・沖縄サミットでは首脳晩餐会に「バッハブレンド」を提供。2012~2013年、日本スペシャルティコーヒー協会会長。2012年、第3回辻静雄食文化賞受賞。
『田口護の珈琲大全』『田口護のスペシャルティコーヒー大全』『コーヒー抽出の法則』(NHK出版)、『カフェを100年、続けるために』『カフェ・バッハの接客サービス』『ビューティフルカフェライフ』(旭屋出版)、『カフェ・バッハのコーヒーとお菓子』(世界文化社)など、著書・監修書多数。

商品の紹介

『珈琲事典 新装版 この1冊で豆・焙煎・淹れ方がわかる』書影
■書名:『珈琲事典 新装版 この1冊で豆・焙煎・淹れ方がわかる』
■監修:田口護(カフェ・バッハ)
■発行:学研プラス
■発売日:2020年10月8日
■定価:本体1,500円+税

本書を購入する