「読み物」と「マンガ」を合体させたような、新感覚の児童書シリーズ第1弾! ワクワクドキドキの展開に、読書が苦手な子でもどんどん読み進められる!

『はくねつ!モンスターバトル きゅうけつきVSカッパ 雪男VS宇宙ロボット』書影

『モンスターバトル』とは…?

 この物語の中心となる舞台は、世界のどこかにある秘密の闘技場。ここには世界中からあらゆるモンスターが集まり、ただ〝1対1〟でたたかい、勝ち負けを決めます。その秘密の大会が『モンスターバトル』です。
 この『モンスターバトル』で勝ったものには、「バトルウィナー」という全世界で尊敬される名誉と、あらゆる世界で使える「バトドル」というお金が手に入ります。
 この2つのご褒美を目当てに、今日もモンスターたちが『モンスターバトル』に出場します。

『モンスターバトル』とは 紙面

モンスターたちは、なぜ『モンスターバトル』に出場することになったのか?

 モンスターバトルに出場するモンスターたちは、皆さまざまな事情を抱えていて、その問題を解決するために、モンスターバトルへの出場を決意します。
 このモンスターバトル出場を決意するまでのいきさつが、物語の醍醐味のひとつです。

なぜ『モンスターバトル』に出場することになったのか 紙面

「笑えて」「泣ける」モンスターたちの人間ドラマ!

 あるモンスターは一族の誇りのため、あるモンスターは家族のため、あるモンスターは力の証明のため…。それぞれが負けられない事情を抱えて、モンスターバトルに臨みます。
 このモンスターたちの人間ドラマを読んで、応援するモンスターを決めてから続きを読めば、バトルシーンにより熱中できるはずです。
 本書では、「カッパのかわのすけ」「きゅうけつきのドラキュラ19せい」「宇宙ロボットのRG-K1」「雪男のゆきごろう」の4人のモンスターの物語を収録。魅力たっぷりなキャラクターたちのハートフルなドラマを楽しんでください。

「カッパのかわのすけの物語」紙面

「カッパのかわのすけの物語」紙面

カッパのかわのすけの物語

「きゅうけつきのドラキュラ19せいの物語」紙面

「きゅうけつきのドラキュラ19せいの物語」紙面

きゅうけつきのドラキュラ19せいの物語

「宇宙ロボットのRG-K1の物語」紙面

「宇宙ロボットのRG-K1の物語」紙面

宇宙ロボットのRG-K1の物語

「男のゆきごろうの物語」紙面

「男のゆきごろうの物語」紙面

男のゆきごろうの物語

ハラハラ、ドキドキの連続! いよいよモンスターたちのバトルが開幕! 

 それぞれのモンスターたちの人生ドラマを楽しんだ後は、いよいよバトル開始です! モンスターならではの特長を生かした、技の応酬がどんどん繰り広げられていきます。一進一退の攻防を、躍動感あふれるイラストと一緒に楽しんでください。
 そして、勝敗が決したあと、モンスターたちはどうなったのか? それぞれの後日談を描いたミニストーリーも巻末に収録しています。

「きゅうけつきVSカッパ」紙面

きゅうけつきVSカッパ

「雪男VS宇宙ロボット」紙面

雪男VS宇宙ロボット

物語のカギを握る、謎の人物「ミスターB」。その正体は…?

『モンスターバトル』の総支配人「ミスターB」。彼はこの物語の案内人としてストーリーを進行するだけでなく、なぜかそれぞれのモンスターたちのドラマの中にもこっそりと姿を現します。
 時空を超えて姿を現すミスターB。彼はなぜモンスターバトルを開催したのか? そしてその目的とは…? その謎は、『はくねつ!モンスターバトル』シリーズが進むにつれて、だんだん解き明かされていく…?

「謎の人物「ミスターB」」紙面

「ミスターB」を探す、『探し絵』紙面

物語の中にひそむ謎の男「ミスターB」を探す、『探し絵』も楽しめます。他にも、「モンスターしおり」やミスターBの正体に迫るミニマンガも。

巻末にはモンスターについて詳しく解説したコラムも!

 この本に登場する、「カッパ」「吸血鬼」「宇宙人」「雪男」の特徴や生態、伝承について解説したコラムを巻末に収録。モンスターについて、どんどん詳しくなれます!

「解説したコラム」紙面

【著者紹介】
 小栗かずまた(おぐりかずまた)
 東京都出身。漫画家、児童書作家。代表作に『花さか天使テンテンくん』、『ヘンテコ忍者いもがくれチンゲンサイ様』、『グータラ王子』シリーズ、『にげだせ!ジョニー』シリーズ、『ヒャッハー!ふなっしーとフルーツ王国』シリーズなどがある。2020年現在、『最強ジャンプ』にて、『れいぞうこのつけのすけ!』『めちゃめちゃ!ブサイくん』を連載中。

商品の紹介

『はくねつ!モンスターバトル きゅうけつきVSカッパ 雪男VS宇宙ロボット』書影■書名:『はくねつ!モンスターバトル きゅうけつきVSカッパ 雪男VS宇宙ロボット』
■作・絵:小栗かずまた
■発行:学研プラス
■発売日:2020年7月16日
■定価:本体1,000円+税

本書を購入する