全国の小中学校の実態調査による「2018年『朝の読書』で読まれた本」にも選出!

累計230万部を突破した「5分後に意外な結末」シリーズとは

 どんでん返しが魅力のショートストーリー集は、今やヤングアダルト層の定番となりました。この新しいジャンルを確立したのが、「5分後に意外な結末」シリーズです。学校図書館でも「順番待ちでなかなか借りられない」といわれるほど小中学生の間で絶大な支持を獲得しています。ひねりのある内容は保護者のかたがたにも注目され始めています。シリーズ全体では、すでに20タイトル以上が刊行。どの巻からでも読み始めることができます。

 当シリーズは小中学生の「『朝の読書』で読まれた本」に3年連続で選出され、その人気の勢いは留まることを知りません。ここまで小中学生に支持される理由とは……?

【人気の秘密1】読書の醍醐味を短い時間で味わえる

 当シリーズは、5分ぐらいで読めるショートストーリーを集めたアンソロジーです。最新刊である本書『5分後に意外な結末ex アクアマリンからあふれる涙』には、32本の短編を収録しました。もちろん全編に、予想を裏切る「意外な結末」が用意されています。小中学校が実施する「朝の読書」の時間内で、インパクトのある結末まで一気に1話を読み切ることができます。集中力がとぎれるひまもないスピード感が、子どもたちに支持される最大の理由です。短い時間にも関わらず、読書の楽しさをしっかり味わうことができます。

【人気の秘密2】最後の1行まで予想できない「意外な結末」

 当シリーズの「意外な結末」は、一筋縄ではいきません。足元から迫ってくるような恐怖、思わずニヤリとするブラックユーモア、人情や優しさに触れてついホロリ…というように、「意外な結末」の種類はさまざま。「きっとこういうオチに違いない」と予想したオチをさらに上回るどんでん返しがあるかもしれず、最後の1行まで気を抜けません。騙される快感が癖になること受け合いです。

【人気の秘密3】大人でも楽しめるクオリティ

 当シリーズの対象読者は小中学生ですが、物語の設定や内容、文章の書き方さえ、あえて「子ども向け」にこだわっていません。そのため、一般成人読者のファンも増えつつあります。通勤・通学時間やわずかな休憩時間を利用して、さっと1話だけ読むことができると好評です。1話完結なので、どこからでも読み始められ、栞を挟む必要もありません。

合計500名様に豪華プレゼントが当たる!「5分後に意外な結末」シリーズ 累計200万部記念キャンペーン実施中!!


 対象商品の帯についている応募券2枚で、3万円分の旅行券や、本シリーズでおなじみの人気イラストレーターusi氏による描き下ろしオリジナル図書カード・オリジナルブックカバーなど、豪華プレゼントが当たります!

●対象商品:

「5分後に意外な結末」全商品

●応募の方法:

 キャンペーン帯についている応募券を2冊分、合計2枚を切り取って郵便ハガキに貼り、応募してください。

●締め切り:

 2019年9月30日

●プレゼント

 A賞‐JTB旅行券3万円分(5名)
 B賞‐オリジナル図書カード5000円分(20名)
 C賞‐オリジナルブックカバー(475名)

商品の紹介


■書名:『5分後に意外な結末ex アクアマリンからあふれる涙』
■著:桃戸ハル
■絵:usi
■発行:学研プラス
■発売日:2019年7月18日
■定価:本体1,000円+税

本書を購入する

あわせて読みたい