シリーズ累計220万部突破の「5分後に意外な結末」シリーズとは、ひと味もふた味も違うトライアルで、児童書の新たな可能性を開拓!

カバーに使用した写真は、インスタグラムのフォロワー数30万人を誇る超人気カメラマン・岩倉しおりさんの作品

「5分後の隣のシリーズ」とは

 シリーズ累計220万部を突破し、小中学生を中心に圧倒的な人気を誇る「5分後に意外な結末」シリーズ。その公式ライバルとして企画されたのが本シリーズです。「5分後」と同じく、短い時間で読める短編集ですが、「5分後」「意外な結末」という枠にとらわれず、もっと自由なトライアルでさまざまな読書体験をお届けする予定です。

シリーズ第1弾『ショートフィルムズ』の3つの特長

【特長①】タイプの異なる25の物語を収録

「5分後の隣のシリーズ」の第1弾となる本書、『ショートフィルムズ』に収録されているのは、25編の珠玉の短編。心温まるファンタジー、何気ない日常風景の1コマ、あっと驚く展開、ほろ苦い後味、思わず吹き出す結末…。1編1編が味わい深く、さながら心震わす短編映画を観賞しているような満足感があります。

【特長②】映像化した4編を無料で視聴可能

 本書は、短編小説をショートフィルム化するプロジェクト「ブックショート」とのコラボで制作されました。そのため、本書に収録されている25編の物語のうち、4編が映像化されています。本書購入の特典として、QRコードから無料で視聴できます。映像版は、物語のテイストに変わりはありませんが、登場人物の心情やストーリー展開が映像ならではの手法で表現されており、文章とはまた違った魅力で楽しめます。

ブックショート公式HP

本書に挟み込まれているレジュメのQRコード、または帯のQRコードから、無料で視聴できる

【特長③】サイレントマンガがつなぐ意外な結末

 本書のプロローグとエピローグ、そして本文中のところどころに、セリフのないコママンガが挿入されています。マンガの主人公は、ひとりの女子高校生。なぜか浮かない表情で、映画館を訪れました。彼女が観ている短編映画と、読者が読んでいる物語がリンクしながら、マンガのストーリーも進んでいきます。やがて彼女に訪れる素敵なエンディングとは…? 思いがけない仕掛けに気づいた読者は、きっと笑顔になるでしょう。ぜひ本書を手に取って確認してみてください。

冒頭のサイレントマンガが、本書のプロローグとなっている

 

本文中に挿入されているコママンガの一部。思い悩んでいた彼女が、映画によって癒されていく様子が描かれている

 

 つまり本書は、小説、映像、マンガ、の3つのアプローチで楽しめる贅沢な短編アンソロジー集なのです。

 また、本書は「5分後に意外な結末」シリーズと同じく、ヤングアダルト層を対象にしていますが、主人公の年齢も社会的な立場も多様なので、一般成人読者にも自信をもってお勧めできます。

商品の紹介


■書名:『5分後の隣のシリーズ ショートフィルムズ』
■編・著:ブックショート
■絵:くじょう
■発行:学研プラス
■定価:本体1,000円+税
■発売日:2019年7月4日

本書を購入する

 
 

あわせて読みたい