園で人気の伝承遊び「おおかみさんいまなんじ?」を、絵本界の第一人者・中川ひろたかさんが絵本化!

「おおかみさんいまなんじ?」は、「時間を教えてくれるおおかみが、夜中の12時になると追いかけてくる」という保育園・幼稚園で人気の伝承遊び。この遊びをスリル満点の絵本に仕立てたのが、人気絵本作家・中川ひろたかさんです。中川さんはもと保育士で、その経験を生かし誰もが知る「世界中のこどもたちが」などの人気曲や、日本絵本賞を受賞した『ないた』など数々の絵本を生み出しています。「わらべうたの絵本はたくさんあるけど、伝承遊びを絵本にしたものは少ないし、伝承遊びを知らない園の先生も増えてきているんだよね」という思いから、この伝承遊びの絵本を書き上げました。

保育士さんも必見! 中川ひろたかさんが盛り上がる読み方を伝授

 絵本ができあがると、早速中川さんは都内の保育園へ。「『おおかみさんいまなんじ?』って知ってる?」と子どもたちに問いかけると「知ってるー!」と大合唱。まずは「おおかみさん~」で一緒に遊んでから、読み聞かせをスタート。子どもたちにこひつじたちのセリフを言ってもらうと、子どもたちは大盛り上がり! 「もっかい読んで」の嵐となりました。絵本の前後に「おおかみさんいまなんじ?」で遊ぶことで、この遊びの面白さが体験でき、絵本の面白さも何倍にもなるのです。その様子を動画にして公開したので、ぜひ見て面白さを実感してみてください。

【中川ひろたかさんによる盛り上がる読み方動画はこちら】

今、求められているのは、参加型絵本!

 今、巷では『ぜったいにおしちゃダメ?』『まるまるまるのほん』など、参加型絵本が大人気です。読み手と聞き手の息の合ったやりとりが心地よく、場の一体感が生まれるのが人気の秘密でしょう。本書も、おおかみとこひつじたちの掛け合いが楽しい絵本で、新しい「コール&レスポンス」の参加型絵本。ちょっと読み方を工夫するだけで、ぐっと面白く盛り上がるので、中川さんの読み聞かせ動画を参考に、ぜひ子どもたちと読んでみてほしいです。

紫綬褒章を受章した世界的アニメーター・山村浩二さんが絵を担当

 絵は、世界最大規模のアニメーション映画祭、アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを受賞した短編アニメ「頭山」などを手掛けた山村浩二さんが担当しています。折しも、この絵本が出版された直後に、学術や芸術、文化などの功労者に贈られる紫綬褒章を受章という嬉しいニュースも飛び込んできました。山村さんは『おやおや、おやさい』などの絵本でも活躍。おおかみさんとこひつじたちとの不思議なルールが支配する世界を、緊張感あふれるスリリングな物語に描き出しています。

図書館関係者、教育関係者にも大好評!

・子どもたちに馴染みのある遊びが、可愛らしい絵と優しい色使いで描かれていて、子どもたちが手に取りやすい絵本だなと思いました。足元に時計の文字盤と針がさりげなく見えていて、『時計のお勉強!』と構えなくても楽しく時計の読み方を覚えられるところもポイントです。(図書館関係者)
・小さなスペースででき、比較的誰でも参加できる伝承遊び。かくれんぼや鬼ごっこ的要素も盛り込み、体を動かして遊べるのがよい。外遊びの少なさが叫ばれる昨今、単純な遊びから始めてみたくなる1冊!(教育関係者)

商品の紹介


■書名:『おおかみさんいまなんじ?』
■文:中川ひろたか 
■絵:山村浩二
■発行:学研プラス
■発売日:2019年5月16日
■定価:本体1,200円+税

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

あわせて読みたい