東京国際キルトフェスティバル受賞作品など、緻密で息をのむほど美しい作品を多数掲載

『古布に魅せられた暮らし』は、古い和服地を使って暮らしを楽しむための実例を集めた本のシリーズです。人気の高いパッチワークや縮緬細工などの作品を、美しい古布(明治、大正~昭和初期の和服地)の魅力・作家の想いと合わせて多数掲載しています。

古布の創作で毎日を楽しむための実例を集めました

「桃花色の章」では、味わい深い古布を使用し、その魅力を引き出すパッチワークの世界を特集。また、華やかな古布で日本の春を表現した縮緬細工や手織機を使った裂織、日常の中の古布ファッションなど、多彩な実例が満載の充実した内容となっています。




 他にも、日本の美しい布図鑑、古布の選び方・買い方・しまい方、宮脇綾子さんの“古布アプリケ”、古布をカジュアルに着こなす15のコツと、読んで楽しい情報が盛りだくさんです。

古布好きの心をくすぐるとじ込み付録

 さらに注目したいのが、魅力的なとじ込み付録。「絵はがき&ミニカード」、憧れの大島紬のふるさと・奄美大島を訪ねる紀行BOOK「奄美大島を訪ねて」の2大とじ込み付録付き。旅のお供としても大活躍する予感!

とじ込み付録「絵はがき&ミニカード」

とじ込み付録「奄美大島を訪ねて」

商品の紹介


■書名:学研インテリアムック「古布に魅せられた暮らし 桃花色の章」
■編:ナチュラルライフ編集部
■発行:学研プラス
■発売日:2019年2月15日
■定価:本体2,100円+税

本書を購入する