耐熱皿1枚で、あったかおかずができ上がり!

 オーブン料理というと、かたまり肉をど~んと焼くごちそうレシピとか、何やら難しいフランス料理を想像しがちですが、オーブン料理は実はとっても簡単。毎日のおかず作りに役立つ調理道具なんです。

 工程はいたってシンプル。下ごしらえした材料を、耐熱皿に並べたら、あとは予熱したオーブンで焼くだけ。これだけで、こんがりおいしいおかずができ上がるのです。

▲材料を切って

​↓

▲耐熱皿に並べて調味

230℃に予熱したオーブンで15分焼けば…

​▲でき上がり!

 オーブンに入れている間は見張っている必要はなく、ほったらかしでOK! 他の料理を作ったり、洗い物ををしたりと、時間が有効的に使えます。

材料2つでできる毎日のおかず、人気のグラタンから、おもてなしのごちそうまで、ぜ~んぶオーブンにおまかせ!

Part1:メイン食材は2つ! 毎日のおかず

 このパートでは、食材2つでできるメインのおかずを紹介します。オーブンというと洋風のイメージがありますが、和風のしょうゆ味だけでなく、エスニック、韓国、中華と、さまざま味わいが楽しめます。

▲鶏肉としいたけのはちみつみそ焼き

▲牛肉とキャベツのピリ辛焼き

▲たいと玉ねぎのハーブ焼き

Part2:焼くからおいしい野菜のおかず

 野菜はオーブンでシンプルに焼くだけでも、うまみや甘さが引き出されて、断然おいしくなります。サブのおかずに、ちょっと気の利いたお酒のつまみにもなる野菜料理をご紹介。

Part3:大好き! グラタンレシピ

 大人から子供まで大好きなグラタン。定番のマカロニはもちろんのこと、鶏肉とねぎ、かきとブロッコリーなど、わが家の味にしたいグラタンがたくさん!

Part4:うまみがギュッ! ホイル焼きレシピ

 材料をアルミホイルで包んで焼くと、蒸し焼き状態になり、素材のうまみが引き出されて、しっとりとしたおいしさに。驚くほど簡単なのもうれしい。

Part5:人が集まる日のごちそう焼き

 ローストチキンにラムチョップ、チャーシューにパエリアと、おもてなしに覚えておきたいごちそうメニューを集めました。

コラム:卵液を流して焼くだけ! キッシュアレンジ

 耐熱皿に具を並べたら、混ぜ合わせた卵液を流して焼くだけの皮なしキッシュ。本当にラクチンなのに、おいしさは折り紙つきです!

▲まいたけとベーコンのキッシュ

​【著者プロフィール】

牛尾理恵(うしお・りえ)
 料理研究家・フードコーディネーター・栄養士。病院の食事指導に携わった後、料理家に師事。料理専門の制作会社を経て独立。作りやすくておいしい家庭料理が人気で、書籍や雑誌、テレビなどで活躍中。健康を考えたヘルシーなレシピにも定評がある。『重ねて煮るだけ!おいしいおかず』(学研プラス)など、著書も多数。

商品の紹介


■書名:『並べて焼くだけ!こんがりおかず』
■著者:牛尾理恵
■発行:学研プラス
■発売日:2018年9月20日
■定価:本体1400円+税

本書を購入する

 

※2018/10/25(木)「ヒルナンデス!」にて紹介されました!

あわせて読みたい