《6》勉強法は、科学である。

千田琢哉『生き残るための、独学。』セレクション

UPDATE 2020.07.30
公開日 2018.07.23

独学で効果を挙げるためにモノを言うのは、その勉強法である。

万人に共通の絶対的な勉強法はこの世に存在しないから、

独学で結果を出したければ、

あなた“ならでは”の勉強法を、

あなたが独自に研究しなければならない。

たとえば英語の勉強をしている人はとても多いが、生徒が100人いれば、

そこには1番から100番まで、見事に実力の序列が生まれるはずだ。

1番と100番の生徒が同じ勉強法であってはならないのはもちろんのこと、

1番と5番が同じ勉強法でもいけない。

人それぞれのレベルで使用する教材は異なるだろうし、

仮に同じ教材であっても、使い方が異なるはずだ。

今はネットで多様なレベルの講師が、様々な勉強法を公開してくれているし、

そこで流れる情報は日々驚くほど洗練され、進化し続けている。

率直に申し上げて、自分にピッタリの勉強法を本気で発掘したければ、

既成の通信講座より、ネット動画を検索し続けたほうが有効だ。

 

以上は英語の勉強に限らず、大学受験や、その他の資格試験にも当てはまる。

大学受験も資格試験も、すでに合格法は科学のごとく確立されており、

「合格するためには、この参考書とこの参考書を試験日までに習得すればいい」

というメニューが存在する。

中には市販の教材を購入し、ネット上でIDを打ち込めば専用サイトに繫がり、

情報を交換し合ったり、専属の講師が質問に答えてくれたりするものもある。

このように現在、

独学する者を応援してくれる環境は

猛スピードで整いつつある。

つまり、模範解答が存在する試験であれば、

市販の教材を組み合わせながら独学するだけで、確実に突破できるのだ。

あとは、あなたが自分に合った勉強法を選択するだけだ。

 

もし今、あなたが受験勉強をしようと考えた時に、

「○○大学」「勉強法」「参考書」といった言葉を打ち込んで検索すれば、

一瞬でそれらの情報が集まるはずだ。

合格したければ、まずはそれらの情報に目を通して十分に吟味し、

自分にピッタリの勉強法を発掘することである。

そうすれば自分の勉強法に自信が持てるから、

より吸収できるというわけだ。

ここだけの話、記憶力の良し悪しは、ほとんどの場合で合否に関係ない。

もしも記憶力が鈍いなら、

短時間で頻度高く、長期にわたって、

記憶学習を反復すればいいだけだ。

「最も結果を出せる勉強法」を見つけることも、

独学のこの上ない楽しみなのだ。

(※この連載は、毎週月曜日・全8回配信予定です。次回は、7月30日10:00配信予定です)

 

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。 愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。 東北大学教育学部教育学科卒。 日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。 コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。 のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

生き残るための、独学。
20代から人生を逆転する49の学習改革

20代ビジネスパーソンのカリスマ・千田琢哉が、独学でゆるぎない教養と知的戦闘力身につけ、社会で生き残る方法を説く!
定価:1,300円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい