美人は、 だんだん美人になる。

中谷彰宏『美人力(ハンディ版)』セレクション

UPDATE 2020.07.17
公開日 2016.11.17

 美人力のある人は、最初からいきなり「美人」と感じるわけではありません。
 映画のヒロインも、冒頭ではそんなに美人に見えないことが多いのです。
 ストーリーが進んでいくうちに、だんだん美人に見えてきます。
 これが、映画の魔法です。
 冒頭からいきなりスローモーションの美人で出てくるのは、悪役です。
 最初は美人に見えたのに、裏があったり、相手側のスパイだったりして、だんだん悪い人に見えてくるのです。
 映画「アバター」に出てくる細長い顔の女性は、最初は不気味です。
 それが、だんだんかわいく見えてきます。
 これが、美人の見せ方です。

 ワンクールのドラマで、最初はいまいちの女性が出てきます。
 もっときれいな女性は別にいます。
 ドラマに感情移入していくうちに、あまり目立たなかった女性がだんだんかわいく見えてきます。
 これが、本当の美人です。
 美人力があるということです。
 美人力のない人は、出オチです。
 パッと出てきて、「あっ、きれいだな」と思います。
 会った瞬間がピークで、あとは下り坂です。
 よく見ると、難点が見えてくるのです。
 これが、美人力のある人とない人との違いです。

 自分自身が「自分」という人生のドラマのヒロインになれるのです。
 その時は、出オチの美人より、だんだん美人に見えてくる美人を目指します。
 ここに、美人力の技があるのです。
 最初の印象がそんなに美人でないほうが、かえって逆転のチャンスがあります。
 冒頭のルックスだけで勝負しようとすると、そこからどんどん減点されます。
 美人力のある人は、だんだん美人に見えてくる見せ方ができます。
 ほうっておいても、ジワジワと美人度が上がっていきます。
 つきあえばつきあうほど、美人度が上がっていきます。
「また会いたい」と思われるのです。
 よく「美人は飽きる」と言われます。
 それは、表面だけで勝負しているからです。
 美人力のある人は、何枚も層が重なっています。
 見た目以外の美人の要素をたくさん持っているのです。
 つきあえばつきあうほど、味が出てきます。
 すぐ味がなくなるガムではありません。
 嚙めば嚙むほど、おいしくなるのです。

(※毎週木曜日、全8回掲載予定です。2回目の次回は、11月24日掲載予定です。)

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

美人力(ハンディ版)

向上心のある大人の女性に向けて、年齢を重ねても魅力的の「美人力」を提案。人気の書籍をハンディ版として新装発売。
定価:本体900円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい