「お金のチェック」は、午前中!

佐藤伝『たった1分でできて、一生が変わる! 朝の習慣 PREMIUM』セレクション

UPDATE 2020.07.27
公開日 2016.05.17

 お金の信用は、いったん傷がつくと、なかなか取り戻すことができません。
 だからこそ、「請求」や「支払い」といった「お金関連の事務作業」は、「午前中」に行いましょう。

 これについては、私自身、非常に苦い思い出があります。
 かなり昔のまだ若かったころですが、取引先の企業に、二重請求をしてしまったことがあるのです。気づいてすぐに相手企業に駆けつけ、担当の方に平謝りしました。その場はなんとか収まったものの、以来、その企業とはなんとなく関係がギクシャクしてしまい、結局、疎遠になってしまいました。
 こんな初歩的なミスをした一番の原因は、お金関係の処理を夜中に行っていたことです。1日の業務を終了し、眠い目をこすりながら処理していたから、二重請求になっていることにも気づけませんでした。

 疲れた頭では、「数字」の間違いも起こりやすくなります。
 請求書をつくる、支払いを済ませる、売上の書類をチェックするなど、お金と数字を扱うには、頭がクリアで体も疲れていない時間帯が適しています。
「午後からのマネーチェックは、百害あって一利なし」と心得て、午前中に、さっさと済ませてしまいましょう。
 銀行だって、9時に行けばガラガラです。昼過ぎに行くと、番号札を片手にジリジリした気持ちで待つはめになります。
「お金にきっちりしている人」に、お金も人も引き寄せられるものなのです。

 

佐藤 伝 (さとう でん)

【習慣の専門家】行動習慣マイスター 1958年生まれ。福島県出身。明治大学卒。
都心にて創造学習研究所を30年間にわたって主宰。
NHK テレビ「おはよう日本」や雑誌「日経ビジネス アソシエ」でも、習慣のエキスパートとして紹介される。
氏の一貫したテーマは「習慣」であり、「習慣」に関する著作は、国内外で累計100 万部を突破している。 上場企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、わかりやすく具体的で、すぐ実践できるとその即効性が大好評。 問題解決9マス・ノートは、海外のメディアにも取り上げられ、ウィーン講演に続き、ニューヨーク・ミラノでも講演依頼が入るなど、その活躍のステージを広げている。 「なんとなくイイ気分」で生きることが最も大事と、独自の理論を展開。 そのスピリットを世界に伝えるため、自宅で学べる「行動習慣ナビゲーター認定講座(Dream Navigator?)」をスタートさせ、超・人気講座となっている。 親しみやすく謙虚な人柄から、「習慣といえば、伝ちゃん先生」と幅広い年齢層に慕われている。 国際ナイン・マトリックス協会会長

■佐藤 伝・公式サイト

http://satohden.com
■行動習慣ナビゲーター認定講座・公式サイト

http://kodoshukan.jp
■ひとりビジネス応援塾
https://satohden.com/juku/

 

作品紹介

あわせて読みたい