脳科学×子どものなぞなぞ!『あたまがよくなる!なぞなぞ』

『あたまがよくなる! なぞなぞようちえん/1ねんせい』

2015.10.14

 

幼児と1年生向けのなぞなぞの本ができました!

 

———————————————————————————————–

突然ですが問題です!

1.「あさごはんは5じ。ではおひるはなんじ?」(なぞなぞ ようちえん より)

2.「ひとつだけ ちがうのは? ①クリスマス ②ケーキ ③こいぬ ④どんぶり」 
(なぞなぞ 1ねんせい より)

みなさん、わかりますか?
意外と難しいと思われるのでは?!(私は全くわかりませんでした…)
答えはこの記事の最後に♪

————————————————————————————————

今回発売された『なぞなぞ ようちえん/1ねんせい』。
このなぞなぞ本、ただのなぞなぞ本ではありません。
あたまがよくなる!」のです。
なぜ、なぞなぞであたまがよくなるのでしょうか。
監修の先生、篠原菊紀先生(諏訪東京理科大学教授)によると

楽しく学ぶ → 脳の働きがよくなる → 速く性格に働く= 頭がよくなる!

なぞなぞ 1ねんせい より

 幼児教育が注目を浴びる昨今、効率的な脳のトレーニングが求められています。なぞなぞは、発想力・語彙力等の育成に最適とされているのです。

 特にこのなぞなぞ本は問題の配列にこだわり、自然に頭の使い方が上手になるようにつくられています。

 なぞなぞの種類は、スリーヒント問題やことばあそび(ようちえん)、ちがうものさがしや学校なぞなぞ、いじわる問題(1ねんせい)などなどバラエティに富んで、たっぷり290問(『1ねんせい』は296問)!

 一人で楽しむもよし、友達や家族で出し合うのもよし、クラスのレクリエーションとして楽しむのもよし!
 持ち運びしやすいサイズと軽さだから、ちょっとした隙間時間にもパッと開いて出題できます。

こんなお楽しみページもあります★

なぞなぞ ようちえん より

 ちなみに…
 編集部はこの2冊を制作していくうちになぞなぞが得意になり、なんでも出題してこい!(自信マンマン!)といった感じです。
 頭が良くなったみたいです!

 ぜひ、『あたまがよくなる! なぞなぞようちえん/1ねんせい』お手にとってみてください!

あわせて読みたい