『学研の幼児ワーク こうさく(3~4歳/4~6歳)』

2020.03.09

学研の幼児ワーク こうさく

▲学研の幼児ワーク 4~6歳 こうさく

楽しみながら手先の器用さを磨く

 幼児期のうちに手先の巧緻性(器用さ)を養うことは、脳の発達に大変重要だといわれています。

 本書では、「切る」「貼る」「折る」などの作業を通して、手先を上手に使う練習ができます。また、「ハサミ」「のり」といった道具を使いこなす練習にもなります。
 はじめは簡単な工作から、ページが進むごとに難易度が上がる構成なので、無理なく取り組めます。楽しく遊びながら、創造力を高めましょう。

 

▲切って遊ぶ動物パズル。まずは「まっすぐ」切ることからスタート。

 

                 

▲ページが進むと作業が増え、難易度が上がります。

 

 工作物には「しかけ」があったり、「帽子」など身につけられるものであったり、作った後も遊べる作品ばかり。お子さんを最後まで飽きさせません。

 

▲たこのあたまをひっぱると、足が動く!そのまま魚をキャッチ! といったような、「しかけ」のある工作が盛りだくさん。

▲さまざまなバリエーションの工作ができます。遊んでも遊びつくせない!?

                

▲本書は全ページにミシン目つき。1枚ずつ簡単に切り離すことができます。紙は、のりがつきやすく、小さい子でもハサミで切りやすいやわらかいものを使用しています。

▲ハサミとのりの使い方解説ページも。しっかり確認してから安全に遊びましょう。

 

年齢別に2冊展開「3~4歳」「4~6歳」

まだハサミを使うことに不安があるお子さんには、『3~4歳 こうさく』がおすすめ。自由にザクザクと切る練習から、線通りに切る練習に進み、後半は簡単な「しかけ」つきの工作に取り組みます。

学研の幼児ワーク 3~4歳 こうさく

Amazonで購入する

楽天で購入する

 

学研の幼児ワーク 4~6歳 こうさく

Amazonで購入する

楽天で購入する

※Amazonランキング1、2位(工芸・クラフト部門)(2020/3/11)

「学研の幼児ワーク」シリーズ

「学研の幼児ワーク」は、2~6歳向けの年齢別ワークブック。「ひらがな」「かず」「めいろ」「こうさく」など全部で57点。子どもたちを飽きさせない構成と、「考える力」を伸ばす問題が特長です。

 

学研の幼児ワーク 公式webページ

 

※今なら4冊ご購入で図書カードプレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーンについてはこちら