『学研まんが 日本と世界の伝記 徳川家康』

UPDATE 2022.11.25
公開日 2022.11.24

学研の新伝記シリーズ『日本と世界の伝記』がスタート! 第一弾は、今、再び脚光を浴びる江戸幕府初代将軍・徳川家康。数々の苦難を乗りこえ、天下をにぎった武将は何を考え、何を成し遂げたのか!

『学研まんが 日本と世界の伝記 徳川家康』書影

『学研まんが 日本と世界の伝記 徳川家康』

 毎年、歴史上のヒーロー、ヒロインを軸に、重厚でドラマチックなストーリーを展開するNHKの大河ドラマ。
 2022年の『鎌倉殿の13人』の北条義時のような「玄人好み」の人物が主人公だったりすることもありますが、2023年の『どうする家康』の主人公は徳川家康。日本史の有名人中の有名人、幕末をテーマにした『青天を衝け』にまで登場する、大河ドラマの準レギュラーと言っても過言ではありません。
 さて、そんな徳川家康がどんな人生を送ったのか……意外と知らないのではありませんか?

「負け組」から始まった苦難の人生

 徳川家康は、現在の愛知県東部、三河国の小大名・松平家に生まれました。東に「海道一の弓取り」今川義元、西に「尾張の虎」織田信秀という強大な勢力にはさまれていました。
 家康は、織田家にさらわれ、今川家に人質に出され――と幼いころから苦難を重ねることになります。

「今川家に人質に出された竹千代」紙面

「今川家に人質に出された竹千代だったがさらわれて織田家へ」紙面

今川家に人質に出された竹千代(家康)だったがさらわれて織田家へ

英雄たちとの出会い、そして天下へ――

 そんな中でも家康は、戦国の風雲児・織田信長と出会い、今川家では名軍師・太原崇孚から教えを受け、成長していきます。信長との同盟、豊臣秀吉への臣従、着実に勢力を増しながらも、その内実は苦難の連続でした。そして秀吉の死後、関ヶ原の戦い大坂の陣に勝利した家康は、戦乱の時代を終わらせ、日本に平和をもたらしたのです。

「織田信長との出会い」紙面

織田信長との出会い。

「家康の先生、太原崇孚」紙面

家康の先生、太原崇孚

「今川家の武将として桶狭間の戦いに参加」紙面

今川家の武将として桶狭間の戦いに参加。

「三方ヶ原の戦いで武田信玄に完敗」紙面

三方ヶ原の戦いで武田信玄に完敗

「天下分け目の関ヶ原の戦い」紙面

天下分け目の関ヶ原の戦い

「大坂の陣。炎上する大坂城」紙面

大坂の陣。炎上する大坂城

オールカラーの大迫力のまんが、巻末の資料ページで家康がもっとよくわかる!

 本書は全編オールカラー。まんがはもちろん、巻末の資料ページも充実しています。年表、地図、関連人物など、「はじめて」家康を知る人にピッタリ。もちろん、歴史の学習にも役立ちます。今、何度目かわからない脚光をあびる英雄・徳川家康。混迷する現代を生きる私たちにとって、彼の人生から学ぶことは少なくないはずです。

「年表」紙面

巻末資料ページの年表。

「写真で見る徳川家康」見返し

見返し「写真で見る徳川家康」

商品の紹介

『学研まんが 日本と世界の伝記 徳川家康』書影

■書名:『学研まんが 日本と世界の伝記 徳川家康』
■まんが:もとむらえり
■発行:Gakken
■発売日:2022年11月24日
■定価:1,100円 (税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)