心地よく生きるために、逃げよう。深い共感を呼ぶ韓国発エッセイの最新話題作! 

『私は逃げるとき、いちばん勇敢な顔になる』

公開日 2022.10.25

世界170万の読者に愛されるベストセラー作家キム・スヒョン(代表作『私は私のままでいることにした』)が深く共感、2021年に韓国で話題をさらった「好きな自分で生きる」ためのポジティブな逃げ方エッセイ!

『私は逃げるとき、いちばん勇敢な顔になる』書影

「キム・スヒョンによるキュートなイラストと、心に刺さるメッセージ」紙面

「キム・スヒョンによるキュートなイラストと、心に刺さるメッセージ」紙面

キム・スヒョンによるキュートなイラストと、心に刺さるメッセージ。

「タイミングよく逃げることが人生を救う。深い共感と共に読みました」――ベストセラー作家キム・スヒョン(代表作『私は私のままで生きることにした』)推薦!
2021年優秀出版コンテンツ(韓国)に選定
逃げることと、あきらめることはまったく違う。心地よく生きるために、逃げる技術を携えよう!

 失望や葛藤を繰り返す普通の毎日を、心地よく生きるために。心を軽くするヒントを描き、いま注目の韓国発イラストエッセイから、2021年に韓国で話題を呼んだ『私は逃げるとき、いちばん勇敢な顔になる』待望の日本語版!

 著者は韓国で数々のベストセラーを生み出してきた編集者のユン・ウル、そしてイラストは「ほかの人の作品にイラストを描いたのは、この作品が初めて。その理由は、この作品が好きだからです」と語る、著作累計170万部突破、代表作『私は私のままで生きることにした』(ワニブックス)の著者でイラストレーターのキム・スヒョン。

 仕事や家庭、人間関係、夢、恋愛で私たちが「幸せではない」と感じるとき、著者が提案するのは耐えることでも、闘うことでもなく「逃げること」。
 逃げることはあきらめでも、ましてや卑怯でもない。
 それは人生という海で、自分のものではない波を見送ること。そして自分の波が来たらすかさずそれに乗り、望む方向へとまっすぐ進む勇気ある行動。

 知らぬ間にとらわれている「〇〇しなくてはならない」「がまんが必要」「自分はこうあるべき」という思いを手放し、心地よい日常へと逃げる方法を著者の経験、そして小説や哲学から語るエッセイ。
 自分が自分を好きでいられる、そんな生き方のヒントが見つかる!

CONTENTS

・プロローグ 弁明を大義名分に変える「逃げる」ための技術
・第1章 自分との約束ほど大切なものはない
・第2章 人間の最大の武器、意志力の使い方
・第3章 想像力は逃げることに役立つか
・第4章 終わった恋を確実に終わらせる方法
・第5章 運命のままに生きろという言葉の罠
・第6章 正解はない。つねに修正と補完を繰り返すだけ
・第7章 どんなアイデンティティーを持って生きるのか
・第8章 自分から逃れて他人へと向かう冒険に旅立つこと
・第9章 生の尊厳を守るために
・第10章 去る者には笑顔でグッバイ
・エピローグ どうやって自分を動かすか
・イラストレーターの言葉

著者

ユン・ウル
 編集者。韓国で数々のベストセラーを手がけ、総販売部数は120万部を超える。初の著書となる本書は韓国の小説家、哲学者、SNSのインフルエンサーから支持を集め、2021年の優秀出版コンテンツに選定されている。

イラスト

キム・スヒョン
 エッセイ作家。著書にベストセラーとなり、日本でも翻訳出版された『私は私のままで生きることにした』や『頑張りすぎずに、気楽に』(ともにワニブックス)などがある。本書はイラストレーターとして参加した初の作品。

吉川 南
 朝鮮語・英語翻訳家。早稲田大学政治経済学部卒業。韓国の書籍やテレビ番組の字幕など、幅広く翻訳を手がけている。訳書に『私は私のままで生きることにした』(ワニブックス)、『「後回し」にしない技術』(文響社)など多数。

商品の紹介

『私は逃げるとき、いちばん勇敢な顔になる』書影

■書名:『私は逃げるとき、いちばん勇敢な顔になる』
■著者:ユン・ウル
■イラスト:キム・スヒョン
■訳:吉川 南
■発行:Gakken
■発売日:2022 年10月27日
■定価:1,595円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)