旅行ガイド「地球の歩き方」の国内版第5弾「北海道版」が6月30日に発売。528ページに179市町村、1700物件を収録。人気番組「どさんこワイド」と全力コラボで、独自情報満載&特別映像100本付き!

「旅の大事典」紙面

▲528ページにフルカラーで情報ぎっしりの「旅の大事典」

『地球の歩き方 J05 北海道』書影

ガイドブックとしては異例の179市町村、1700件掲載

「北海道一周 10日間ドライブプラン」紙面

▲北海道本島一周という、いつかしてみたい憧れの旅プランを紹介

「札幌市」紙面

▲海外旅行ガイドブックを手掛ける「地球の歩き方」ならではの視点で各市町村を紹介

 2021年に発売した初の国内版「地球の歩き方 J01 東京」が爆発的大ヒットとなった旅行ガイドブック「地球の歩き方」。6月30日に発売の「北海道版」では179市町村を徹底紹介し、ガイドブックの掲載物件数は多くて600件というなか、異例の1700件を掲載。「北海道に縁のある方のおうちに1冊」を目指して作った「旅の大事典」です。

地元で圧倒的視聴率を誇る札幌テレビ(STV)「どさんこワイド」と全力コラボ

「札幌パーフェクトモデルプラン」紙面

▲人気アナウンサー陣が提案する札幌、小樽、函館のモデルプラン

「現場メシ」紙面

▲道内を飛び回るカメラマンと音声マンがおすすめする本当にウマい店

 本書は放送30周年を迎えた、北海道エリア限定の情報ワイド番組「どさんこワイド」と全力コラボ。北海道を知り尽くした番組による放送30年分の独自情報が満載です。

「明石英一郎アナが通う店」紙面

▲無類のお酒好きとして知られる明石英一郎アナが通う店を案内

「円山動物園」紙面

▲円山動物園で写真を撮り続けているカメラマンの動物の撮影ポイント指南

「どさんこワイド」のインキャスター村雨美紀アナが執筆を担当する特集や番組開始から料理コーナーを担当する料理研究家・星澤幸子先生の郷土料理のページなども盛り込み、地元局でないと取材を受けてくれないようなディープな店も多数紹介

「地元局独自の映像を視聴」告知画像

▲地元局だけがもつ独自情報を特集やコラムでたくさん紹介

 さらに購入者は面とリンクした特別映像100本を特設ウェブサイトから閲覧可能。絶景の空撮やグルメ、貴重な歴史映像など、長年北海道を取材し続けてきた地元局独自の映像を視聴することができ、旅先でも、おうちでも、最高の北海道体験ができます。

どさんこワイドとは?

 1991年10月7日に放送開始した北海道エリア限定の情報番組。番組の放送時間(120 分)から「どさんこワイド120」としてスタートし、現在は北海道内の市町村数 179 を冠した「どさんこワイド179」となっています。「札幌テレビ」は年度視聴率において全日・ゴールデン・プライムの三部門で 2008年から2021年まで14年連続で三冠王達成中。「どさんこワイド179」は看板番組となっています。

どさんこワイド」HP

縄文時代の世界遺産から最新のグルメまで徹底調査

「絶景北海道 夏」紙面

▲春夏秋冬の絶景を美しい写真とともに紹介。絶景は動画でも楽しめます

「廃線をめぐる旅」紙面

▲廃線跡が多数残る北海道。その歴史と訪れたい鉄道関連スポットの案内も

「小樽名物グルメ」紙面

▲現地を訪れたら絶対楽しみたいグルメ。スープカレーやジンギスカンの食べ方も併記

「北海道の道の駅完全ガイド」紙面

▲北海道に127ある道の駅を網羅。日本一小さな道の駅や道の駅グルメなども!

 1冊を通して、旅行前に絶対おさえておきたい観光、グルメ、おみやげ情報はもちろん、世界遺産登録で注目を集める縄文遺跡アイヌ文化など、歴史と文化を深く掘り下げ、「地球の歩き方」ならではの切り口で北海道を紹介しています。

「年表で見る北海道の歴史」紙面

▲北海道の歴史は写真付きの年表で紹介。関連施設やスポットのリンクも

「歴史と文化」紙面

▲歴史と文化は、古い写真や図版などを添えてわかりやすく解説

 毎週末のおでかけのスポット選んだり、北海道の歴史・文化を学んだり……旅行ガイドブックを超えた「北海道を深く知る事典」として、ずっと使えるような1冊になっています。

商品の紹介

『地球の歩き方 J05 北海道』書影

■書名:『地球の歩き方 J05 北海道』
■著作:地球の歩き方編集室
■発行: 地球の歩き方
■発売日:2022年6月30日
■定価:
2,200円(税込

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)

地球の歩き方はこちら

 発行所:株式会社 地球の歩き方
 発売元:学研プラス

地球の歩き方」HP