中華は白めし最強おかず! うちの中華が絶品になるコツを教えます

『そそる!うち中華』

UPDATE 2021.11.12
公開日 2021.11.11

『そそる!うち中華』書影

白めしががんがん進む! みんなが好きなおかずといえば、やっぱり中華!

 しびれる辛さとうまみがたまらない麻婆豆腐。ぷりぷりのえびとクリーミィなソースが渾然一体となったえびマヨ。カリカリの皮の餃子は、ひと口かんだらジューシィな肉汁があふれ出て、ついつい白めしに手がのびる! やみつきになるおいしさのあの味が、家でも作れたら!

 でも、重たい中華鍋は家にはないし、強火でがんがんあおって炒めるのもできなさそうと、あきらめていませんか? ちょっと待ってください。

そそる! あの味が家でも作れます! 目からウロコのおいしいコツを徹底解説

「うち中華」に特別な道具も調味料も必要ありません。
①フライパンはいつものフッ素樹脂でOK。あと必要なのはガラスのふたと、普通の鍋。
②中華調味料はオイスターソース、豆板醤、甜麵醬の3種類だけ
③火加減はほぼ中火
 これで準備万端です。

 登場するのは、青椒肉絲、回鍋肉、麻婆豆腐、えびのチリソース炒め、八宝菜、青菜炒め、トマト卵炒め、にらレバ炒め、油淋鶏、豚の角煮、焼き餃子、春巻き、焼売、天津飯などなど、おなじみの定番中華ばかり。ここぞ!というおいしいコツを紹介します。

 例えば、麻婆豆腐はひき肉をしっかりと焼く、調味料も焼いて香りを出す、と「焼く」が重要。炒めものは調味料を一度煮立ててからさっとあえる「あえもの」である。などなど、目からウロコのポイントが満載! さらに、豊富なアレンジメニューで、「うち中華」が楽しくなること間違いなし。

 今日から「得意料理は中華!」と言えるようになるはず。

しびれる辛さとうまさの麻婆豆腐。肉と調味料をしっかり焼き付けよう。

▲しびれる辛さとうまさの麻婆豆腐。肉と調味料をしっかり焼き付けよう。

コクのある甘みでキャベツがいくらでもいける回鍋肉

▲コクのある甘みでキャベツがいくらでもいける回鍋肉

えびの下ごしらえも重要。えびのチリソース

▲えびの下ごしらえも重要。えびのチリソース

甘辛いあんが絡んだところがたまらない肉だんごの甘酢あんかけ

▲甘辛いあんが絡んだところがたまらない肉だんごの甘酢あんかけ

著者プロフィール

今井亮(いまい・りょう)
 中華をはじめとする家庭料理全般を得意とする料理研究家。小さいころから料理に親しみ、高校卒業後、京都の老舗中華料理店に就職。約5年間厨房で腕をふるう。上京後はフードコーディネーターとして活動しながらさらに腕を磨き、現在は書籍・雑誌やテレビなどで幅広く活躍中。

商品の紹介

■書名:『そそる!うち中華』
■著者:今井 亮
■発行:学研プラス
■発売日:2021年11月11日
■定価:1,590円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)

あわせて読みたい