文字が読めなくても楽しめる! 興味関心が生まれ深まる、幼児向けのりもの図鑑

『ひとりでよめるずかん のりもの』

UPDATE 2021.11.11
公開日 2021.11.09

50年にわたり図鑑を作り続けてきた学研から生まれた、幼児向けの図鑑です。専門の写真家の写真も多く掲載し、見るだけでも楽しめます。この図鑑で文字を覚えるきっかけにもなります。

『ひとりでよめるずかん のりもの』書影

 全国を走る新幹線や特急などの電車、あこがれの働く車や日常生活の中で目にする車、飛行機から船まで240種以上を紹介します。専門の写真家の写真も多く掲載し、見るだけでも楽しめる図鑑です。この図鑑で文字を覚えるきっかけにもなります。名前と写真を結びつけやすく、見て比べるページやクイズもあり、飽きずに楽しめます。

「全国を走る新幹線や特急などの電車」紙面

「けいさつのくるま」紙面

 総監修は脳医学者で東北大学教授の瀧靖之先生、ユニバーサルデザインを意識し読みやすい誌面に仕上げています。

「りょかくき」紙面

 文章は分かち書き、漢字は使わずカタカナにはすべてふりがなが入っています。

 プレゼントにもオススメです★

 以下、瀧先生からのコメントです。
「知的好奇心は脳の発達にとても大切です。このずかんは子どもが一人でも読めるので、いつも手元に置いて頂ければ、ずかんが好きになってさまざまなことに興味が広がり、知的好奇心が伸びていくきっかけになると思います。」

商品の紹介

『ひとりでよめるずかん のりもの』書影■書名:『ひとりでよめるずかん のりもの』
■総監修:東北大学教授 瀧 靖之
■監修:交通ジャーナリスト 海老原美宜男
■発行:学研プラス
■発売日:2021年11月11日
■定価:1,100円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)