『きらきらディズニー vol.3』書影

©Disney

 1・2・3歳の子どもに向けた、おもちゃ付録つきディズニーオールキャラクター雑誌の第三弾。
 プーさんやミッキー、ミニーと、きれいな写真・かわいい絵で、楽しくことばやしつけを身につけられる知育絵本です。
 お茶の水女子大学名誉教授 榊原洋一先生が監修。1・2・3歳の時期にこそ、育みたい内容で構成されています。 

注目のおもちゃ付録は、子どもに大人気のおもちゃ「ころころガチャ」!

ミッキーたちのシールで飾ることができる「ころころガチャ」画像

ミッキーたちのシールで飾ることができる、にぎやかなデザイン♪ ©Disney

レバーをまわすと、ころん♪とカプセルが出てくる「ころころガチャ」画像

レバーをまわすと、ころん♪とカプセルが出てくる! 夢中になって、回しちゃう! ©Disney

 すぐに遊べるおもちゃ付録は、子どもたちに絶大な人気を誇るおもちゃ「ガチャ」。
レバーをまわすと、カプセルがころころと転がり出てきます。
カプセルは4つ。
 本体・カプセルともに、プラスティック製で、本体サイズも、幅11.5m×高さ15.7cm×奥行5.2cmと大きく、1・2・3歳のお子さまが繰り返し遊ぶのにぴったりです。

 カプセルの中には、ディズニーキャラクターのカードや、食べ物、おもちゃのカードを入れて、ガチャあそびを楽しめます。
「次は何が出てくるかな?」「ミッキーカードが出るまで回そうね」などと、親子の会話も広がります。

 お子さんが夢中になって遊ぶこと間違いなしです♪

とじこみ付録は、はってはがせるシール

 本誌連動のシールで、子どもの興味をページに一層ひきつけます。

はってはがせるシール

お弁当箱にお弁当の具材を貼るシールあそびができます。ディズニーキャラクターのシールも♪ ©Disney

子どもたちが夢中になる、本の中身

 すべて、お茶の水女子大学名誉教授 榊原洋一先生が、子どもの発達に合わせて監修をしています。
 ものの名前を覚えられる図鑑ページや、しつけを身につけられるページなど、この年代の子どもに覚えさせたい内容で構成されています。
 本誌には、「はってはがせるシール」を貼る箇所があるので、子どもたちは飽きずに読み進められます。
 親子で読みながら、コミュニケーションも深まります。

●しつけ:はみがきできるかな?

 ミニーと一緒に、はみがきの練習ができます。
 付録の紙工作のはぶらしで、ミッキーたちの歯をみがいてあげましょう。

「ミニーと一緒に、はみがきの練習ができます」画像

©Disney

●図鑑:サファリパークへいこう!

 紙工作のサファリバスを組み立てて、誌面の道を走らせながら、サファリパークの動物を観察することができます。

「サファリパークへいこう」画像

©Disney

●図鑑:はたらくのりもの だいしゅうごう

 パトロールカー、消防車、新幹線、清掃車など、街で活躍する乗り物の写真をみてみましょう。

●シールあそび:おべんとう いただきます!

 ミニーのお弁当箱に、おにぎりやからあげ、ハンバーグなどの具材シールを貼ってお弁当を完成させましょう。

●めくるしかけつきプーさんのお話:「プーさんのおたんじょうびパーティー」

 プーさんが、クリストファー・ロビンのために、お誕生日会を開くお話です。
しかけをめくると、クリストファー・ロビンへのプレゼントが…!

 ほか、楽しいページがいっぱいです♪

おうちの方向けのお役立ち情報も

 東京ディズニーシーの人気キャラクター、ダッフィー&フレンズのキャラクター紹介やパークで会えるショー&グッズ紹介も。

 知育おもちゃのプレゼントページもあり、嬉しい情報がいっぱいです♪

©Disney

商品の紹介

『きらきらディズニー vol.3』書影

©Disney

■書名:『きらきらディズニー vol.3』
■発行:学研プラス
■発売日:2020年9月28日
■価格:本体1,000円+税

本書を購入する

あわせて読みたい