書影

「動物と話せる少女リリアーネ」ってなに?

 シリーズ累計200万部突破、小学生に大人気の児童書です。

 主人公リリアーネは、動物と話せ、笑うと植物を元気にできる、特別な力を持っています。

 このシリーズは、リリアーネが親友イザヤや家族といっしょに、動物たちに幸せをとどけようと頑張るお話です。

 既刊本編12冊、短編集のスペシャルファンブック4冊、ビギナー向けの「プチストーリーズ」、低学年向け「はじめてのものがたり」などが刊行されています。

リリアーネ最新刊「アザラシの赤ちゃんが行方不明!」

 今回リリアーネが出会う動物は、北海沿岸でくらすアザラシの親子。
 リリとイザヤたちは、ぶじに動物たちを救えるのでしょうか!?

初回限定 スペシャル☆ピクチャークラフトつき!

 人気イラストレーター 駒形氏の表紙イラストが、作って飾れる立体クラフトになりました!

組み立てて、お部屋にかざってね。組み立て時のサイズ:タテ11㎝ ヨコ16.8㎝ 奥行8.4㎝

組み立てて、お部屋にかざってね。組み立て時のサイズ:タテ11㎝ ヨコ16.8㎝ 奥行8.4㎝

「アザラシの赤ちゃんが行方不明!」あらすじ

 休暇をむかえた、リリアーネ家族とイザヤたちは、北海の小さな村をおとずれます。
 そこの海岸は、アザラシの保護区になっていました。
 ある日の午後、リリたちは海岸でこまっているお母さんアザラシと出会います。
 どうやら赤ちゃんとはぐれてしまったようです。
 リリとイザヤたちは、探しに行くことに……。

登場人物紹介

登場人物紹介

もくじ

もくじ

本文

本文

「動物と話せる少女リリアーネ」の魅力

 リリアーネは、人とはちがう自分の能力に、ずっと悩んでいました。

 けれど人や動物たちと出会い、いっしょに困難にたちむかううちに、これは自分にしかない大事な個性だと気付き、成長していきます。

 また、登場人物や動物たちを通して、さまざまな価値観や生き方がえがかれています。

「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズは、個性のありかたや、多様性が考えられている、今の時代を生きる子ども達にぴったりの物語です。

 商品の紹介

書影
■書名:『動物と話せる少女リリアーネ⑬ アザラシの赤ちゃんが行方不明!』
■作:タニヤ・シュテーブナー 
■訳:中村智子
■絵:駒形
■発行:学研プラス
■発売日:2020年1月30日
■定価:本体880円+税

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

ショップ学研+で購入する

 

シリーズのほかのタイトルを見る