累計200万部突破 小学生女子に大人気の「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズの作者 タニヤ・シュテーブナー氏による、新たなる冒険物語シリーズに、待望の5巻ができました!

豪華な屋敷に住む、ドクター・オリオンに招かれた仲間たち。はたしてそこで、待ち受けていたものとは……!?

今回も、ふしぎな生き物たちが大活躍!

あらすじ

 水に触れると変身するアレーア。
 実の父が生きていると知り、アイスランドに向かったアレーアと仲間たち。
 そこで、オリオンという謎めいた男のことを知る。彼は、海の人間を滅亡させたウイルスを、長年研究してきた学者だという。
 海を元にもどせるのでは、とアレーアはオリオンを信じるが、その男の正体は……

 ついに、アレーアに秘められた運命が明かされることに!?

 GWにおすすめの1冊です!

商品の紹介

 

●書名:水瓶座の少女アレーア5 『大海原のひみつ』
●著:タニヤ・シュテーブナー 
●訳:中村智子 
●絵:千野えなが
●発行:学研プラス
●発売日:2019年4月27日
●定価:本体1,100円+税


本書を購入する

「水瓶座の少女アレーア」シリーズ 既刊商品

●水瓶座の少女アレーア1 『わたしを呼ぶ水の声』

 アレーアは、冷たい水に絶対に触れてはならないといわれ育った。自分の出生に秘密があると知った彼女は、帆船に乗る兄弟たちと共に、真実を知る冒険の旅に出発した。途中、嵐に遭い、海に投げ出されたアレーアは、海中で自分の体が変化することに驚く……。

本書を購入する

●水瓶座の少女アレーア2 『わたしをとりまく海の色』

 海に入ると変身することがわかったアレーアは、海中では自由自在だ。ある日、海底で魚たちに守られた廃墟の村を発見する。同じ頃、帆船クルクスの仲間は結束力を強めていくが、アレーアはそのうちのひとり、秘密めいた少年レノックスが気になり……。

本書を購入する

●水瓶座の少女アレーア3 『ふたりだけの旅路』

 アレーアは、帆船クルクスの仲間と別れ、同じように水に対して秘密を持つとわかったレノックスと、イギリスのネス湖をめざして旅立つことに。旅の途中、心ひかれるレノックスと自分は、もしや兄妹なのでは、という不安がアレーアの心にめばえる……。

本書を購入する

●水瓶座の少女アレーア4 『運命の五人』

 アレーアは、ネス湖で自分の出自の秘密、父親が生きているかもしれないこと、双子の姉妹がいることを知った。仲間と合流したアレーアたち五人は、父親が向かったというアイスランドへ船旅に出る。船旅の途中で待ち受けるものとは……。

本書を購入する