『動物と話せる少女リリアーネ プチストーリーズ 三びきのアライグマ リスは大いそがし!』

2019.09.02

「動物と話せる少女リリアーネって、なんだろう?」
「たくさん巻数があるのは知っているけど、どこから読んでいいかわからない…」
「長いお話だとちょっとたいへん…」

といった読者にぴったりの、コンパクトで読みやすいビギナーズブック「プチストーリーズ」ができました!
 短いけれど、リリアーネシリーズの魅力はぎゅっと凝縮!
 最初の1歩にぴったりの一冊です。

「動物と話せる少女リリアーネ」ってなに?

 シリーズ累計200万部突破、中学年以上の小学生に大人気の児童書です。
 主人公リリアーネは、動物と話せ、笑うと植物を元気にできる、特別な力を持っています。
 このシリーズは、リリアーネが親友イザヤや家族といっしょに、動物たちに幸せをとどけようと頑張るお話です。
 本編12冊、スペシャルファンブック4冊などが刊行されています。

「プチストーリーズ」って?

「プチストーリーズ」は、お話が短くて文字も大きい、リリアーネ本編を読む前にぴったりのビギナーズブックです。
リリアーネと動物たちがまきおこす、はらはらドキドキの冒険物語をここから読み進めよう!

【おすすめのポイント!】
・短いお話2つが1冊に!
・本編より大きめの文字で読みやすい
・巻末には、リリアーネワールドがわかる4コママンガつき
・スペシャルシール付き!

●「プチストーリーズ」お話のあらすじ●

*お話1「三びきのアライグマ」
リリアーネの家の近くで、最近ごみがあらされる事件が。犯人はいったいだれなのでしょう。
*お話2「リスは大いそがし!」
公園でリリアーネたちは、一ぴきのリスに出会いました。なぜか、リスはとてもいそがしそうで……。

スペシャルシールつき! 手帳やノートにはってつかってね。

もくじ

大きめの文字で、すらすら読めるよ。

巻末には4コマまんがもあるよ♪

「動物と話せる少女リリアーネ」の魅力

 リリアーネは、人とはちがう自分の能力に、ずっと悩んでいました。
 けれど人や動物たちと出会い、いっしょに困難にたちむかううちに、これは自分にしかない大事な個性だと気付き、成長していきます。
 また、登場人物や動物たちを通して、さまざまな価値観や生き方がえがかれています。

「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズは、個性のありかたや、多様性が考えられている、今の時代を生きる子ども達にぴったりの物語です。

商品の紹介

■書名:『動物と話せる少女リリアーネ プチストーリーズ 三びきのアライグマ リスは大いそがし!』
■作:タニヤ・シュテーブナー 
   マルレーネ・ヤブロンスキー  
■訳:中村智子
■絵:駒形
   佐々木メエ
■発行:学研プラス
■発売日:2019年8月29日
■定価:本体800円+税

本書を購入する

あわせて読みたい