読むことで成長へのヒントを見つける66のコツを伝授! 読書に投資するお金・時間の「価値」をぐ~んと引き上げる!

『読む本で、人生が変わる。なりたい自分になるための本の使い方66』

2019.12.19

書影

本は“おみくじ”のようにパッと開け!

 本書では、「人生を変えたい人」「仕事や恋愛のチャンスをつかみたい人」「読書の習慣をつけたい人」に、ベストセラー作家・中谷彰宏が本の読み方・使い方を提案していきます。

 たとえば、「本は、おみくじのようにパッと開いて、そこに引っかかる一文を見つけたら、捨ててもかまわない」と、著者は提案します。

 目の覚めるようなヒントに出会えたら、それだけでもう大吉を引いたようなもの。大切なのは、その先どうするか。つまり、「本は行動するためのきっかけであり、最後まで読む必要はない」というわけです。

1冊読むと、次の読みたい本が3冊見つかる!

「どんな本を読めばいいのかわからない」という質問に対して、著者はこんな大胆なアイディアを提案します。
「気になった本は、その時点で読むに値する本です。選んでいるヒマがあったら、読んだほうが速い」

 本をしゃぶりつくせば、次から次に読みたい本が見つかるはずです。

「今度読みます」はダメ。相手が好きな本は即買い!

 もし、気になる人との会話で本の話題が出たら、その人が「面白い」と言った本は「目の前で、その場でスマホで即購入」することです。

 そうすれば相手の印象に残り、ビジネスでも恋愛でも、共感を得るきっかけになります。情報を共有することで親密さも増すでしょう。本は、あくまで「きっかけ」でいいのです。「今度読みます」は、チャンスを手放してしまうだけです。

 本書には、こうした独自視点の「本の読み方・使い方」のアイディアが満載。大好きな「本」「読書」をテーマにし、いつにも増してキレ味鋭い「中谷節」を、存分に味わってください。急遽、読書欲に目覚めること受けあいです。

【目次】

Chapter1 驚きの数だけ、成長できる。
Chapter2 本を読んだら、行動する。
Chapter3 読書習慣を、手に入れる。
Chapter4 本で、チャンスをつかむ。
Chapter5 読書で、人生が深まる。

【著者プロフィール】

[著者紹介]
中谷彰宏(なかたに・あきひろ)
1959年、大阪府生まれ。
早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。
◇中谷彰宏公式サイト
https://an-web.com/

商品の紹介

書影
■書名:『読む本で、人生が変わる。なりたい自分になるための本の使い方66』
■著:中谷彰宏
■発行:学研プラス
■発売日:2019年12月19日
■ 定価:本体1,300円+税

本書を購入する

あわせて読みたい