大人も結構知らなかった!「北極と南極のへぇ〜」を集めて本にしちゃいました!

『北極と南極のへぇ~ くらべてわかる地球のこと』

2019.08.28

 北極に7回、南極にも2回取材で訪れている朝日新聞「極地」記者との異名を取る中山由美さん。そんな中山さんならではの視点から、読者の持っている極地のイメージをくつがえします!

 ちなみに、「北極と南極どっちが寒い?」を小学校などで聞いてみると、「北極!」「どっちも寒い!(たしかに)」という答えが多いということ。しかし正解は、「南極のほうが、ケタ違いに寒い!」のだそう。ほかにも「動物が人間に近づいてくるのは、北極南極どっち?」など、二つの極地がたどってきた歴史にもふれていきます。

「なにも余分なものがない」という意味で共通する二つの極地から見えてくる、これからの地球は? 私たちはどんな風に暮らしていったらいいの? という疑問にも、こたえてくれる1冊です。

北極と南極のコラムページも充実。

北極と南極のコラムページも充実。見て、読んで、楽しめる本です。

 こんなコスチューム(?)で講演をすることもあるという著者の中山さん。同時多発テロの記事で、新聞協会賞を受賞されたり、原発事故の取材では、科学ジャーナリスト賞2012を受賞されているスーパーウーマン。

中山さんのインタビューはこちら

商品の紹介


■書名:環境ノンフィクションシリーズ『北極と南極のへぇ~ くらべてわかる地球のこと』
■文・写真:中山由美 
■絵:秋草 愛
■発行:学研プラス
■発売日:2019年8月1日
■定価:本体1,400円+税

本書を購入する

あわせて読みたい