累計200万部突破を記念して、ただいまキャンペーン第1弾『はじめてのものがたりを読んであてよう!』を好評開催中!

☆豪華プレゼント☆

 抽選で10名様に、
・リリアーネオリジナル図書カード(3000円分)をプレゼント!

もしはずれても…Wチャンス! 90名様に

・動物と話せる少女リリアーネ本編①②巻セットが当たる!

10名様に、3,000円分図書カードプレゼント! 特製オリジナルデザイン!

Wチャンスで、合計90名様に①②巻セットをプレゼント!

☆応募方法☆

1.同シリーズ1、2、3年生向けお話「はじめてのものがたり」の『友だちは、白い犬!』『しあわせの黒いねこ』についている、黄色いキャンペーン帯のおうぼ券を、1枚ご用意ください。

2.ハガキにおうぼ券を1枚はって、オビに書かれている住所などの必要項目を書いて、ご応募ください。

くわしくは、『友だちは、白い犬!』『しあわせの黒いねこ』についている、黄色いキャンペーンオビを読んでね。

1、2、3年生向けお話「はじめてのものがたり」とは…?

・イラストがいっぱい!
・ふりがなつきのやさしい文と、大きい文字で、すらすら読めちゃう!
・お子さまのはじめての読み物に、ぴったりの1冊です!

『しあわせの黒いねこ』もくじと紹介

『しあわせの黒いねこ』P4-5 カラフルな導入ページがあり、お話に入りやすいです。

『しあわせの黒いねこ』P6-7 漢字には振り仮名つき。やさしい文で、文字が大きいよ。

イラストがたくさん!

●「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズについて●

 リリアーネは、人とはちがう自分の能力を、ずっと短所だと思っていました。
 けれど人や動物たちと出会い、いっしょに困難にたちむかううちに、これは自分にしかない大事な個性・長所だと気付き、成長していきます。
 また、登場人物や動物たちを通して、さまざまな価値観や生き方がえがかれています。

「リリアーネ」シリーズは、個性のありかたや、多様性が考えられている、今の時代を生きる子ども達にぴったりの物語です。

1・2・3年生向け「はじめてのものがたり」シリーズ 既刊商品

●動物と話せる少女リリアーネ はじめてのものがたり 「友だちは、白い犬!」

作/タニヤ・シュテーブナー  訳/中村智子
 家族といっしょに、夏休みをすごしていたリリアーネは、ある日、一匹の白くて小さな犬と出会います。白い犬は、食べ物をたくさん集めて、せっせとしげみの中に運んでいるようです。いったい、どうしてでしょう。

●動物と話せる少女リリアーネ はじめてのものがたり 「しあわせの黒いねこ」

作/タニヤ・シュテーブナー  訳/中村智子
 ある昼下がり。リリアーネは、庭で一匹の黒猫と出会います。
 ミノというその黒猫は、「ぼくに近づかないで。ぼくの失敗のせいで、みんなを不幸にしてしまうから」と話してくれました。
 はたして、ほんとうにそうなのでしょうか?

商品の紹介

■書名:動物と話せる少女リリアーネ はじめてのものがたり 『友だちは、白い犬!』
■作:タニヤ・シュテーブナー
■訳:中村智子
■発行:学研プラス
■発売日:2018年7月14日
■定価:本体1,100円+税

本書を購入する

 

■書名:動物と話せる少女リリアーネ はじめてのものがたり 『しあわせの黒いねこ』
■作:タニヤ・シュテーブナー
■訳:中村智子
■発行:学研プラス
■発売日:2019年3月14日
■定価:本体1,100円+税

本書を購入する

あわせて読みたい