シリーズ累計発行部数が100万部を超えた! 

 メタルディノシリーズにスペシャル版『ブラキオサウルス』が新登場! なんと全長43cm、シリーズ最大級の金属フィギュアが作れます。

 メタル工作シリーズは、金属フィギュアが作れる工作キットです。2004年に4アイテムからスタートしたシリーズは、現在、累計発行数100万部を超え、全26アイテムとなり、お子さまから大人まで幅広い層に支持されています。

 夏休みの自由研究の素材としても最適。作った恐竜のことを図鑑などで調べてレポートにまとめれば、オリジナルの自由研究+自由工作が提出できます。

主要部品はすべて金属!

 主要部品はすべて平面的なアルミです。ソフトアルミを使った部品を曲げたり、ボルトとナットで固定したりすることで、立体的なフィギュアが組み上がっていきます。画一的なものが完成するプラスチックモデルとは違い、臨場感あふれる作品や、作り手の個性が出せる作品など、オリジナルのフィギュアが完成します。工具とサンドペーパーを付属しているので、すぐに作り始めることができます。

なんと全長43センチメートル! 首やあし、尾などが動かせます

 ボルトで留める関節にあたる部分などは、ボルトをゆるめれば動かすことができます。また、ソフトアルミの首や尾などは容易に曲げることができます。首を上げたり下げたり、口を開閉させたり、あしを曲げたり伸ばしたりなど、さまざまな可動部分があります。アイデア次第で様々な状況を再現して飾ることができます。
全長25メートルの恐竜の、約60分の1スケールのフィギュアが完成します。

最も有名な竜脚類、さまざまな映画にも登場した恐竜です

 ブラキオサウルスは、アメリカで化石が発見され、20世紀後半まで世界最大の恐竜といわれていました。ほかの竜脚類とは違い、前脚が後ろ脚より長いことが特徴。名前の意味は「腕トカゲ」です。また、小さな頭の頭頂部が盛り上がっているのも特徴です。
長い首は、高い所にある木の葉を食べるために進化したと考えられていましたが、現在では、体を動かさないでも首を左右に動かすことで、広い範囲の植物を食べることができるように進化したと考えられています。

 

恐竜のことにくわしくなれるガイドブック付き

 ガイドブックは、オールカラー24ページ。恐竜が生きた時代の解説やブラキオサウルス図鑑など、恐竜博士になれる情報を掲載しています。また、金属フィギュアの作り方は、段階ごとに詳細な解説をして説明しています。作るのに要する時間は、大人で約90分。恐竜世界にじっくりと浸って楽しみながら作れます。

 

商品の紹介

■書名:メタルディノスペシャル『ブラキオサウルス 増補改訂版』
■編:学研STEAM事業室 科学教材チーム
■発行:学研プラス
■発売日:2018年7月6日
■定価:本体2,400円+税

本書を購入する

学研サイエンスキッズ(ブラキオサウルスは、6月下旬に公開予定)
https://kids.gakken.co.jp/kagaku/mag_kagaku/metalkit/index.html

メタル工作シリーズのご紹介

 シリーズ全26アイテムが、6月下旬から全国書店の夏休みコーナーなどで展開されます。

あわせて読みたい