美人は、 大人の話し方ができる。

中谷彰宏『美人力(ハンディ版)』セレクション

UPDATE 2020.07.17
公開日 2016.11.24

「ありがとうございました」が、「あざーした」になっている人がいます。
 自分が子どもっぽい話し方をしていることに、本人は気づかないのです。
 言葉の8割はよく使う言葉で、2割があまり使わない言葉です。
 8割のよく使う言葉は、省略化して、つぶれていきます。
「LMS(エル・エム・エス)」がきちんと言えなくて、「エレメッセイ」となるのです。
 業務上のやりとりなら、相手は聞き直してくれます。
「あざーした」は意味がわかるので、聞き直されません。
 言葉がつぶれていくと、厳密にはかんだ状態になります。
 大人の定義は、「自分が子どもの話し方をしていることに気づける」ということです。
 子どもが子どもの話し方をするのは、自分が子どもの話し方をしていることに気づかないからです。
 これは、仕事でも恋愛でも差が出るところです。
 子どもっぽい話し方を直してくれる人を持つか、自分で早く気づくしかないのです。

 年をとればとるほど、子どもっぽい話し方で若く見せようとする人がいます。
 年より若く見せようとする行為自体、よけいその人を老けて見せるのです。
 5歳の子が自分のことを「ヨウコね……」と言うのはいいのです。
 そこそこの年齢の人が「ヨウコね……」と言うのは、ヘンです。
 これが、子どもっぽい話し方です。
 友達や仲間内ならいいのです。
 美人力は、知らない人に対してどれだけ美人に見せるかということです。
 名刺も渡さず、自分の役職も何も言わないで、きちんとした扱いを受けられるかどうかが、美人力です。
 子どもっぽい話し方をしても、友達同士では何も不具合を感じません。
 他人に子どもっぽい話し方をすると、ひと言で「あれ?」と思われます。
 これが、子どもっぽい話し方の怖さです。

 見た目はちゃんとしていて、きれいな女性とごはんを食べに行きました。
 この女性が、おいしいものを食べた時に「ヤベー」と言ったのです。
「どこからこの言葉が出てくるんだろう」と、びっくりしました。
「『ヤベー』と言うような男性とつきあっているのかな」と考えます。
 この女性の格付けが、急にググッと下がりました。
 言葉と見た目とのギャップがすごいのです。
 そこら辺のオネエチャンが「ヤベー」と言うのは、別にいいのです。
 ここまでつくり上げておきながら、「ヤベー」と言うのです。
 子どもが友達同士で使っていた言葉を、親が逆輸入して使っていることもあります。
 幼い言葉で、美人に見えることはないのです。
 気になり出すと、どんどん気になります。
 言葉は1回使い始めると、その言葉を何回も使います。
 ごはんを食べている間、「ヤベー、ヤベー」を何回も聞くことになるのです。
 そのつど、「いや、そんなはずはない。僕の幻聴に違いない」と打ち消します。
「ヤベー」は、本来、その人の言葉ではないのです。
 トータルのイメージの中で、その言葉だけが突出しています。
 外国人が知らずに覚えた言葉のような感じです。

 人から覚えた言葉は、危険です。
 特に、地方から出てきた人は危ないのです。
 ヤンキーの言葉を東京弁だと勘違いするのです。
 自分では、東京弁を覚えたつもりで話しています。
 ほかの部分がちゃんとしていればいるほど、幼い言葉が突出してしまうのです。
 自分が子どもっぽい話し方をしていることに、早く気づくことです。
 美人は、大人の話し方ができるのです。

(※毎週木曜日、全8回掲載予定です。3回目の次回は、12月1日掲載予定です。)

 

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

■中谷彰宏公式ホームページ
http://an-web.com/

作品紹介

美人力(ハンディ版)

向上心のある大人の女性に向けて、年齢を重ねても魅力的の「美人力」を提案。人気の書籍をハンディ版として新装発売。
定価:本体900円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい